• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > 『債権法改正とローン契約』

ここから本文です。

『債権法改正とローン契約』

詳細

目次
1. 無利息消費貸借と利息付消費貸借
2. 諾成的消費貸借契約
3. 借入人の任意期限前弁済権
4. 債務不履行における過失責任の原則の変更とローン契約の規定
5. ローン債権の譲渡とローン契約上の地位の移転の法的関係
6. 債権譲渡制限特約に違反したシローン債権の譲渡の効力
7. 第三者による弁済
8. 弁済による代位
9. 連帯債権とパラレルデット
10. 保証
11. 担保権
12. 銀行取引約定書等

樋口孝夫の最近の著書・論文

2020年4月

ニュースレター

今般の新型コロナウイルス感染症の影響がローン契約上の借入人の報告義務等に与える諸問題(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第57号(2020年4月)

2018年10月

書籍

『Natural Resource and PPP Infrastructure Projects and Project Finance -Business Theories and Taxonomies』

Springer Nature

2014年7月

書籍

『資源・インフラPPP/プロジェクトファイナンスの基礎理論』

金融財政事情研究会

2013年8月

論文

シンジケート・ローンにおけるアレンジャーの参加金融機関に対する法的責任の問題点

銀行法務21 2013年8月号(No.761)

2013年7月

論文

The newly introduced FIT system in Japan

Privatisation & Public Private Partnership Review 2013/14 (Euromoney Yearbooks)

バンキングに関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

社債への利息制限法の適用がはじめて否定された最高裁判例と実務への影響

ビジネス法務 2021年9月号(Vol.21 No.9)

月岡崇

2021年7月

論文

担保権者が把握するものと一般債権者に残すもの

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

井上聡

2021年7月

対談・座談会録

座談会「事業担保をめぐる課題」

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

井上聡(座談会)

証券化・ストラクチャードファイナンス・信託に関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

社債への利息制限法の適用がはじめて否定された最高裁判例と実務への影響

ビジネス法務 2021年9月号(Vol.21 No.9)

月岡崇

2021年7月

論文

担保権者が把握するものと一般債権者に残すもの

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

井上聡

2021年7月

対談・座談会録

座談会「事業担保をめぐる課題」

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

井上聡(座談会)

プロジェクトファイナンスに関する最近の著書・論文

2021年8月

その他

ベトナム:PPP政令を踏まえたベトナムPPP制度の論点(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

澤山啓伍

2021年7月

ニュースレター

PPP政令を踏まえたベトナムPPP制度の論点

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第100号(2021年7月)

澤山啓伍

2021年7月

論文

担保権者が把握するものと一般債権者に残すもの

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

井上聡