• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > 外資出資比率規制の解釈に関する最高裁判決(フィリピン)

ここから本文です。

外資出資比率規制の解釈に関する最高裁判決(フィリピン)

ニュースレター

著者等

福井信雄

書籍名・掲載誌

NO&T Asia Legal Update 第62号(2018年5月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

一般企業法務アジアフィリピン

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
フィリピンと言えばアセアン諸国のなかでも進出が難しい国というイメージをお持ちの方が多いのではないだろうか。実際、外国投資法・ネガティブリストに基づく外資規制に加えて、会社設立時の発起人及び設立後に就任する取締役がいずれも最低5名必要でそのうち過半数がフィリピン居住者でなければならず、さらに各発起人及び各取締役が会社の株式を最低1株は保有しなければならない等の会社法上の制約もあり、外国企業がフィリピンで現地法人を立ち上げるのは制度上容易ではない。

全文を読む(外部サイト、PDF:984KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Asia Legal Updateのバックナンバー・配信登録

福井信雄の最近の著書・論文

2021年8月

その他

インドネシア:オムニバス法の制定(13)〜外資規制の再度の改正/オムニバス法の制定(14)〜簡素化された許認可手続の運用開始

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2021年7月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その5)~施行規則と実務の運用に関するアップデート(インドネシア)(共著)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第100号(2021年7月)

2021年7月

論文

ニューノーマルに向けた地域統括拠点としての法務対応

月報 2021年7月号(No.608)

2021年2月

その他

インドネシア:オムニバス法の制定(7)〜労務分野への影響(3)/オムニバス法の制定(8)~労務分野への影響(4)(共著)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2021年2月

その他

インドネシア:オムニバス法の制定(5)〜労務分野への影響(1)/オムニバス法の制定(6)~労務分野への影響(2)(共著)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2021年9月

その他

マレーシア:会社の実質的保有者届出規制とノミニースキーム再検証の動き(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

長谷川良和

2021年9月

その他

強まる米安保規制 買収や調達、制裁対象の見極め難しく

日本経済新聞電子版 2021年9月1日「Nikkei Views」

大久保涼(コメント)

2021年8月

ニュースレター

投資法人における少数投資主の権利と少数株主の権利の比較

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第74号(2021年8月)

糸川貴視丸上貴史(共著)

アジアに関する最近の著書・論文

2021年9月

ニュースレター

台湾の再生可能エネルギーの最近の動向

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第102号(2021年9月)

德地屋圭治

2021年9月

ニュースレター

新しい環境保護法下における拡大生産者責任(EPR)(ベトナム)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第102号(2021年9月)

中川幹久

2021年9月

ニュースレター

インドの上場規則の改正

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第102号(2021年9月)

山本匡

フィリピンに関する最近の著書・論文

2021年7月

その他

フィリピン:小売業に関する外資規制の改正動向続報 (1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

坂下大

2021年7月

ニュースレター

小売業に関する外資規制の改正動向続報(フィリピン)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第100号(2021年7月)

坂下大

2021年3月

その他

フィリピン:新型コロナウイルスの流行に伴う、企業結合届出が必要となる基準の一時的な緩和 (1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

箕輪俊介