• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > 投資協定仲裁判断例研究(100)ICSID条約の廃棄によるjurisdiction ratione voluntatisへの影響、及び信託受託者の「投資家」該当性

ここから本文です。

投資協定仲裁判断例研究(100)ICSID条約の廃棄によるjurisdiction ratione voluntatisへの影響、及び信託受託者の「投資家」該当性

論文

著者等

戸田祥太

書籍名・掲載誌

JCAジャーナル 2018年5月号(第65巻5号)

出版社

日本商事仲裁協会

業務分野

国際仲裁海外紛争(争訟)対応証券化・ストラクチャードファイナンス・信託

戸田祥太の最近の著書・論文

2021年1月

論文

投資協定仲裁判断例研究(128)最恵国待遇条項に基づく第三国投資協定上のICSID仲裁合意の均霑を否定した事例

JCAジャーナル 2021年1月号(第68巻1号)

2017年5月

論文

投資協定仲裁判断例研究(89)UNCITRAL仲裁手続における「投資財産」概念、株式取得による間接投資の保護及び国有企業による行為の国家への帰属

JCAジャーナル 2017年5月号(第64巻5号)

2017年4月

ニュースレター

預貯金債権の相続に関する最高裁大法廷決定と金融機関実務への影響について(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第43号(2017年4月)

国際仲裁に関する最近の著書・論文

2021年2月

書籍

Japanese Law Fourth Edition

Oxford University Press

小田博

2021年1月

論文

Global Arbitration Review - The Guide to M&A Arbitration - Third Edition Part II (Survey of Substantive Laws) Chapter 14 Japan

青木大

2021年1月

論文

投資協定仲裁判断例研究(128)最恵国待遇条項に基づく第三国投資協定上のICSID仲裁合意の均霑を否定した事例

JCAジャーナル 2021年1月号(第68巻1号)

戸田祥太

海外紛争(争訟)対応に関する最近の著書・論文

2021年1月

論文

投資協定仲裁判断例研究(128)最恵国待遇条項に基づく第三国投資協定上のICSID仲裁合意の均霑を否定した事例

JCAジャーナル 2021年1月号(第68巻1号)

戸田祥太

2020年11月

ニュースレター

シンガポールからみた日本仲裁法の改正 ―仲裁廷による暫定保全措置についての考察

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第92号(2020年11月)

青木大

2020年9月

論文

「不可抗力」条項再考 ―この先を考えよう(後編)―

JMCジャーナル 2020年9月号

井口直樹杉本花織(共著)

証券化・ストラクチャードファイナンス・信託に関する最近の著書・論文

2020年12月

書籍

『証券化ハンドブック』

流動化・証券化協議会

福田政之月岡崇吉良宣哉(共著)

2020年12月

論文

特別研究 担保法改正の動向と金融実務への影響

銀行実務 2020年12月号

井上聡

2020年10月

論文

Chambers Global Practice Guides Alternative Funds 2020 Japan - Law & Practice

清水啓子吉村浩一郎(共著)