• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > 実態解明と秘匿特権との調和を求めて(En quête de l' harmonie)――課徴金賦課手続における実質的手続保障の必要性

ここから本文です。

実態解明と秘匿特権との調和を求めて(En quête de l' harmonie)――課徴金賦課手続における実質的手続保障の必要性

論文

著者等

伊藤眞

書籍名・掲載誌

判例時報 2018年6月21日号(2367号)

出版社

判例時報社

業務分野

民事・商事争訟

伊藤眞の最近の著書・論文

2021年5月

その他

コロナ禍と訴訟運営――IT化と甦(よみがえ)る口頭主義

判例時報 2021年5月11日号(2474号)

2021年5月

書籍

『伊藤眞古稀後著作集 民事司法の地平に向かって』

商事法務

2021年5月

書籍

『コンメンタール民事訴訟法1[第3版]』(共著)

日本評論社

2021年4月

その他

『判事がメガネをはずすとき――最高裁判事が見続けてきた世界』(千葉勝美著)(書評)

論究ジュリスト 2021年春号(No.36)

2021年1月

その他

倒産・事業再生実務からみた担保法改正――立法政策を中心に(第4回)コメント「三方一両損――UCCと連邦破産法との関係を参考として」(コメント)

NBL 2021年1月15日号(No.1186)

民事・商事争訟に関する最近の著書・論文

2021年6月

その他

Underwriters' liability for false statements made in IPO

International Law Officeオンラインニュースレター「White Collar Crime―Japan」

ジョン・レイン大野崇(共著)

2021年5月

その他

コロナ禍と訴訟運営――IT化と甦(よみがえ)る口頭主義

判例時報 2021年5月11日号(2474号)

伊藤眞

2021年5月

書籍

『コンメンタール民事訴訟法1[第3版]』

日本評論社

伊藤眞(共著)