• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > 最新判例アンテナ 第9回 商事留置権の目的物に不動産が含まれるとした事例

ここから本文です。

最新判例アンテナ 第9回 商事留置権の目的物に不動産が含まれるとした事例

論文

著者等

三笘裕大澤大(共著)

書籍名・掲載誌

ビジネス法務 2018年12月号(Vol.18 No.12)

出版社

中央経済社

備考

「最新判例アンテナ」連載情報はこちら

業務分野

一般企業法務

三笘裕の最近の著書・論文

2021年9月

論文

2021年コーポレートガバナンスの現在地(14)プラスの効果を目指すコンプライアンス体制の整備

旬刊商事法務 2021年9月25日号(No.2274)

2021年7月

論文

最新判例アンテナ 第38回 土地売買契約の買主は,土地の引渡しや所有権移転登記手続を求める訴訟の提起等に係る弁護士報酬を債務不履行に基づく損害として売主に請求することはできないとした事例(共著)

ビジネス法務 2021年9月号(Vol.21 No.9)

2021年6月

論文

Chambers Global Practice Guides Corporate Governance 2021 Japan - Law & Practice(共著)

2021年6月

論文

最新判例アンテナ 第37回 事業協同組合の理事選挙の取消しの訴えに後任理事を選出する後行の選挙の不存在確認の訴えが併合されている場合には,特段の事情がない限り,先行の選挙の取消しの訴えの利益は消滅しないとした事例(共著)

ビジネス法務 2021年8月号(Vol.21 No.8)

2021年5月

論文

最新判例アンテナ 第36回 支払停止前に締結された請負契約に基づく注文者の破産者に対する違約金債権の取得が,相殺禁止の例外である破産法72条2項2号にいう「前に生じた原因」に基づく場合に当たるとされた事例(共著)

ビジネス法務 2021年7月号(Vol.21 No.7)

大澤大の最近の著書・論文

2018年6月

論文

最新判例アンテナ 第5回 金融商品取引法166 条1項5号の「知った」の意義を示したうえで,金融庁長官による課徴金納付決定を取り消した事例(共著)

ビジネス法務 2018年8月号(Vol.18 No.8)

2018年3月

書籍

『M&Aリスク管理の最前線――国内外の最新実務』(執筆協力)

商事法務

2018年2月

論文

最新判例アンテナ 第1回 間接占有者からの占有改定が譲渡担保権の対抗要件としての動産の引渡しに該当するとされた事例(共著)

ビジネス法務 2018年4月号(Vol.18 No.4)

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2021年9月

その他

マレーシア:会社の実質的保有者届出規制とノミニースキーム再検証の動き(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

長谷川良和

2021年9月

書籍

『株主間契約・合弁契約の実務』

中央経済社

藤原総一郎(編著)
大久保圭大久保涼笠原康弘粟谷翔加藤嘉孝宇治佑星(共著)

2021年9月

その他

強まる米安保規制 買収や調達、制裁対象の見極め難しく

日本経済新聞電子版 2021年9月1日「Nikkei Views」

大久保涼(コメント)