• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > 自己株式取得の緩和(中国)

ここから本文です。

自己株式取得の緩和(中国)

ニュースレター

著者等

若江悠

書籍名・掲載誌

NO&T Asia Legal Update 第68号(2018年11月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

一般企業法務アジア中国

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2018年10月26日、中国全人代常務委員会において5年ぶりとなる会社法の改正がなされ、即日公布、施行された。今回改正されたのは、会社法142条の自己株式の取得に関する規定である。中国会社法に規定される会社類型には、有限会社と株式会社とがあるが、日本と異なって、いわゆる閉鎖会社(日本企業が設立するほとんどの外商投資企業を含む)は基本的に有限会社形態を選択し、株式会社形態を選択するのは上場会社か上場を目指す会社であるのが通常である。

全文を読む(外部サイト、PDF:815KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Asia Legal Updateのバックナンバー・配信登録

若江悠の最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

2021年3月

その他

中国:輸出管理法と信頼できないエンティティリスト規定について(5)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2021年3月

その他

中国:輸出管理法と信頼できないエンティティリスト規定について(1)~(4)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年12月

ニュースレター

輸出管理法と信頼できないエンティティリスト規定について(下)(中国)(共著)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第93号(2020年12月)

2020年12月

ニュースレター

アジア各国の現地事業の見直し・再編圧力に備える ~中国編(共著)

NO&T Client Alert(2020年12月3日号)

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

若江悠

2021年6月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その4)~独占禁止法の改正、外国投資要件の変更(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

中村洸介

2021年6月

論文

東証の新市場区分に向けたコーポレートガバナンスの高度化

Asian Legal Business Japan E-magazine June 2021

宮下優一

アジアに関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

若江悠

2021年6月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その4)~独占禁止法の改正、外国投資要件の変更(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

中村洸介

2021年6月

ニュースレター

店舗等の賃貸借に関する新たな行動基準の制定(シンガポール)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

松本岳人

中国に関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

RCEP協定と中国ビジネス

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第99号(2021年6月)

若江悠

2021年6月

その他

中国独禁法 ネット企業の摘発加速

日本経済新聞 2021年6月7日 朝刊17面「国際法務ワンポイント」

鹿はせる(コメント)

2021年5月

その他

中国:知的財産権侵害の民事事件の審理における懲罰的損害賠償の適用に関する解釈(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫