• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2018年の著書・論文 > 平成31年度税制改正の外債発行取引への影響

ここから本文です。

平成31年度税制改正の外債発行取引への影響

ニュースレター

著者等

平川雄士

書籍名・掲載誌

NO&T Client Alert(2018年12月26日号)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

税務アドバイス・プランニング一般企業法務

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
過日与党が公表した平成31年度税制改正大綱によれば,法人が支払う利子の法人税法上の損金算入制限に係る「過大支払利子税制」が改正され,非関連者に対する支払利子も規制の対象とされるとともに,損金算入可能な支払利子がその法人の調整所得金額の20%(現行50%)に制限される。
この規制の対象となる支払利子については,それが債券の利子である場合は,国内発行の債券の場合は同利子の95%が規制対象外(5%のみ規制対象)となる一方で,いわゆる民間国外債等の国外発行の債券の場合は25%のみが規制対象外(75%が規制対象)となることとされている。

全文を読む(外部サイト、PDF:630KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Client Alertのバックナンバー・配信登録

平川雄士の最近の著書・論文

2021年4月

論文

最高裁令和3年3月11日判決の解説―納税者訴訟代理人としての経験から―(共著)

週刊T&A master 2021年4月26日号(No.880)

2021年4月

論文

コロナ禍で相次ぐ大企業の減資、「資本金1億円」の誘因

週刊金融財政事情 2021年4月20日号(No. 3398)

2021年3月

ニュースレター

最高裁,法人税法施行令の規定を違法無効と判断する納税者勝訴の判決(最判令和3年3月11日)

NO&T Client Alert(2021年3月16日号)

2020年12月

インタビュー

LAWYERS GUIDE 2021(インタビュー)

LAWYERS GUIDE 2021 Business Law Journal 2021年2月号(No.155)別冊

2020年11月

論文

連載/弁護士のための租税法務〔第12回・完〕 国際的買収取引における国際課税制度

ジュリスト 2020年12月号(No.1552)

税務アドバイス・プランニングに関する最近の著書・論文

2021年5月

ニュースレター

株式交付制度と課税上の取扱いの概要

NO&T Tax Law Update ~税務ニュースレター~ 第3号(2021年5月)

堀内健司

2021年5月

ニュースレター

株式交付制度と課税上の取扱いの概要

NO&T Corporate Legal Update ~コーポレートニュースレター~ 第6号(2021年5月)

堀内健司

2021年5月

論文

デジタル課税に関する米国提案のポイントと企業への影響

月刊国際税務 2021年5月号(Vol.41 No.5)

南繁樹

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2021年5月

ニュースレター

改正投資法施行令(ベトナム)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第98号(2021年5月)

鷹野亨

2021年5月

その他

タイ:IPOの復活に伴うタイにおける卸売業と外資規制の現状(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

箕輪俊介

2021年5月

論文

動産譲渡担保の対抗要件

月刊登記情報 2021年5月号(714号)

井上聡