• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > 中国最新立法動向:外商投資法(草案)の公布

ここから本文です。

中国最新立法動向:外商投資法(草案)の公布

ニュースレター

著者等

川合正倫

書籍名・掲載誌

NO&T Asia Legal Update 第70号(2019年1月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

一般企業法務アジア中国

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
「外商投資法(草案)」が2018年12月26日に公布され、2019年2月24日を期限としてパブリックコメントが募集されている。中国では長年にわたり、外国投資家が投資する「外商投資企業」に対して、「中外合弁企業法」、「中外合作経営企業法」及び「外資企業法」のいわゆる「外資三法」に基づく管理がなされてきたが、外資三法による管理を刷新し、外商投資企業を統一的に管理する「外国投資法(パブリックコメント版)」が2015年1月に公布され、その立法動向に関心が高まっていた。

全文を読む(外部サイト、PDF:979KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Asia Legal Updateのバックナンバー・配信登録

川合正倫の最近の著書・論文

2020年12月

その他

中国:外商投資安全審査弁法の公布(上)(下)(共著)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年12月

その他

中国:生物安全法(前編)(後編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年12月

ニュースレター

アジア各国の現地事業の見直し・再編圧力に備える ~中国編(共著)

NO&T Client Alert(2020年12月3日号)

2020年11月

論文

中国――当局,従業員対応,合弁パートナー等との交渉

ビジネス法務 2021年1月号(Vol.21 No.1)

2020年11月

その他

中国:深セン市が全国初の個人破産条例を可決(上)(下)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2021年1月

ニュースレター

小売業に関する外資規制の概要と改正動向(フィリピン)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第94号(2021年1月)

坂下大

2021年1月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その2)~労務分野への影響(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第94号(2021年1月)

福井信雄小林亜維子(共著)

2021年1月

その他

インドネシア:オムニバス法の制定(その4)〜事業許認可の基本要件の簡素化

商事法務ポータル「アジア法務情報」

中村洸介

アジアに関する最近の著書・論文

2021年1月

ニュースレター

新たな労働者海外派遣法の制定(ベトナム)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第94号(2021年1月)

澤山啓伍

2021年1月

ニュースレター

小売業に関する外資規制の概要と改正動向(フィリピン)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第94号(2021年1月)

坂下大

2021年1月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その2)~労務分野への影響(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第94号(2021年1月)

福井信雄小林亜維子(共著)

中国に関する最近の著書・論文

2021年1月

その他

ソフトバンクG、英アーム売却に独禁法の壁

日本経済新聞電子版「法務インサイド」2021年1月13日

鹿はせる(コメント)

2020年12月

その他

中国:外商投資安全審査弁法の公布(上)(下)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫鹿はせる(共著)

2020年12月

その他

中国:生物安全法(前編)(後編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫