• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > 実務 知財判例研究会(第3回)モデルチェンジ前の先行商品が存在する場合に不正競争防止法上の保護を受けられる商品「形態」の範囲――東京地判平成30・3・19(平成29年(ワ)第21107号)を題材として

ここから本文です。

実務 知財判例研究会(第3回)モデルチェンジ前の先行商品が存在する場合に不正競争防止法上の保護を受けられる商品「形態」の範囲――東京地判平成30・3・19(平成29年(ワ)第21107号)を題材として

論文

著者等

殿村桂司豊田紗織(共著)

書籍名・掲載誌

NBL 2019年3月15日号(No.1142)

出版社

商事法務

業務分野

知財争訟

殿村桂司の最近の著書・論文

2021年6月

その他

米でAI規制強化、摘発事例も 利用企業に説明責任(コメント)

日本経済新聞電子版 2021年6月9日「Nikkei Views」

2021年4月

ニュースレター

EUがAIに関する包括的な規則案を公表

NO&T Technology Law Update ~テクノロジー法ニュースレター~ 第6号(2021年4月)

2021年4月

その他

Data protection regulation amendments: new information categories and data subject rights(共著)

International Law Officeオンラインニュースレター「Tech, Data, Telecoms & Media―Japan」

2021年4月

その他

Data protection regulation amendments: cross-border transfers(共著)

International Law Officeオンラインニュースレター「Tech, Data, Telecoms & Media―Japan」

2021年3月

その他

Data protection regulation amendments: new matters to be disclosed(共著)

International Law Officeオンラインニュースレター「Tech, Data, Telecoms & Media―Japan」

豊田紗織の最近の著書・論文

2020年3月

論文

最新トピックをおさえる 危機管理・コンプライアンス実務講座 <第2回> 企業不祥事対応における「弁護士・依頼者間秘匿特権」(Attorney-Client Privilege)の重要性(共著)

月刊監査役 2020年4月号(No.708)

知財争訟に関する最近の著書・論文

2021年5月

その他

中国:知的財産権侵害の民事事件の審理における懲罰的損害賠償の適用に関する解釈(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫

2021年5月

ニュースレター

知的財産権侵害の民事事件の審理における懲罰的損害賠償の適用に関する解釈(中国)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第98号(2021年5月)

李紅

2021年4月

論文

標準必須特許を巡るライセンス交渉・紛争に関する近時のデュッセルドルフ地方裁判所の決定とその示唆(下)

JCAジャーナル 2021年4月号(第68巻4号)

東崎賢治羽鳥貴広(共著)