• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > ジェネリック製薬と独禁法 ― 炭酸ランタンOD錠事件を契機に

ここから本文です。

ジェネリック製薬と独禁法 ― 炭酸ランタンOD錠事件を契機に

ニュースレター

著者等

井本吉俊

書籍名・掲載誌

NO&T Health Care Law Update ~薬事・ヘルスケアニュースレター(法律救急箱)~ 第15号(2019年6月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

薬事・ヘルスケア独占禁止法/競争法アドバイス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2019年6月4日、公正取引委員会(以下「公取委」)は、コーアイセイと日本ケミファが遅くとも2018年8月上旬までに炭酸ランタンOD錠の医薬品卸への仕切価につき一定の価格を目処とする旨の合意をしていたとして、コーアイセイに対し、排除措置命令及び137万円の課徴金納付命令を下しました。公取委が近年注視してきたジェネリック製薬業界に対する初の摘発案件であることから、簡単に事件の概要をご紹介するとともに、ジェネリック製薬企業への示唆、また、日本の独禁法のみならず海外の競争当局の動きも踏まえ、先発薬メーカーとしても留意すべき事項をご説明します。

全文を読む(外部サイト、PDF:688KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Health Care Law Updateのバックナンバー・配信登録

井本吉俊の最近の著書・論文

2020年11月

その他

和製「秘匿特権」壁高く 公取委、談合など調査で導入 企業は資料管理厳格に(コメント)

日本経済新聞 2020年11月2日 朝刊11面

2020年9月

論文

公取委の判別手続を念頭においた弁護士との秘密通信の取扱いの実務対応

NBL 2020年9月15日号(No.1178)

2020年3月

論文

垂直統合に伴う投入物閉鎖の懸念と行動的問題解消措置の限界 ――英国競争当局の介入によるThermo FisherのGatan買収断念事件(共著)

NBL 2020年3月1日号(No.1165)

2019年12月

インタビュー

4大卸の談合疑惑、独禁法問題のプロに聞く 課徴金減免制度で「自首」「芋づる式」の可能性も(インタビュー)

日刊薬業 2019年12月5日

2019年4月

論文

継続的需要減少を見込む装置産業と需要者からの競争圧力の判断――公取委平成30・12・25発表

ジュリスト 2019年5月号(No.1532)

薬事・ヘルスケアに関する最近の著書・論文

2020年12月

その他

中国:生物安全法(前編)(後編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫

2020年12月

論文

Medicinal product regulation and product liability in Japan: overview (2020)

Life Sciences Global Guide

内海健司鈴木謙輔(共著)

2020年11月

論文

Japanese government considering new legislative measures to provide for indemnification regarding COVID-19 vaccine use

PHARMAnetwork magazine 2020年11月号(第47号)

鈴木謙輔小山嘉信(共著)

独占禁止法/競争法アドバイスに関する最近の著書・論文

2021年1月

その他

Japan’s amended AMA enhances cartel investigations but draws lukewarm response of companies: lawyers

Policy and Regulatory Report(2021年1月14日掲載記事)

小川聖史(コメント)

2021年1月

その他

ソフトバンクG、英アーム売却に独禁法の壁

日本経済新聞電子版「法務インサイド」2021年1月13日

鹿はせる(コメント)

2021年1月

その他

<展望 2021>巨大IT規制へ手探り 市場独占を警戒、悩む各国

日本経済新聞 2021年1月1日 朝刊20面

小川聖史(コメント)