• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > ジェネリック製薬と独禁法 ― 炭酸ランタンOD錠事件を契機に

ここから本文です。

ジェネリック製薬と独禁法 ― 炭酸ランタンOD錠事件を契機に

ニュースレター

著者等

井本吉俊

書籍名・掲載誌

NO&T Health Care Law Update ~薬事・ヘルスケアニュースレター(法律救急箱)~ 第15号(2019年6月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

薬事・ヘルスケア独占禁止法/競争法アドバイス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2019年6月4日、公正取引委員会(以下「公取委」)は、コーアイセイと日本ケミファが遅くとも2018年8月上旬までに炭酸ランタンOD錠の医薬品卸への仕切価につき一定の価格を目処とする旨の合意をしていたとして、コーアイセイに対し、排除措置命令及び137万円の課徴金納付命令を下しました。公取委が近年注視してきたジェネリック製薬業界に対する初の摘発案件であることから、簡単に事件の概要をご紹介するとともに、ジェネリック製薬企業への示唆、また、日本の独禁法のみならず海外の競争当局の動きも踏まえ、先発薬メーカーとしても留意すべき事項をご説明します。

全文を読む(外部サイト、PDF:688KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Health Care Law Updateのバックナンバー・配信登録

井本吉俊の最近の著書・論文

2019年4月

論文

継続的需要減少を見込む装置産業と需要者からの競争圧力の判断――公取委平成30・12・25発表

ジュリスト 2019年5月号(No.1532)

2018年5月

その他

海外ガン・ジャンピング規制についての実態と対策調査報告書(共著)

経済産業省ウェブサイト内

2018年4月

論文

企業結合のクリアランス前の準備行為とガン・ジャンピングに係る欧州司法裁判所法務官意見と競争法実務への示唆(共著)

NBL 2018年4月15日号(No.1120)

2017年10月

論文

当事会社が申し出た第三者への事業譲渡に伴う混合型企業結合が検討された事例――公取委平成29・6・14発表

ジュリスト 2017年11月号(No.1512)

2017年9月

論文

Extradition and antitrust law: Businessmen involved in global cartels extradited to foreign countries(共著)

Concurrences No.3 2017

薬事・ヘルスケアに関する最近の著書・論文

2019年7月

論文

Medicinal product regulation and product liability in Japan: overview (2019)

Life Sciences Global Guide

内海健司鈴木謙輔(共著)

2019年7月

論文

デジタルプラットフォームの法律問題(第10回)プラットフォーム事例研究(4)――医療・薬事プラットフォームとMaaSプラットフォーム

NBL 2019年7月1日号(No.1149)

藤原総一郎東崎賢治羽鳥貴広(共著)

2019年6月

その他

タイ:薬事法の改正

商事法務ポータル「アジア法務情報」

箕輪俊介

独占禁止法/競争法アドバイスに関する最近の著書・論文

2019年8月

ニュースレター

米司法省の方針転換―反トラスト局コンプライアンス・プログラム評価指針の公表と独禁法分野におけるDPAの活用

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第34号(2019年8月)

帰山雄介深水大輔角田美咲(共著)

2019年8月

論文

地域銀行の統合と独禁法上の課題 ―公取委の審査と特例法―

月刊金融ジャーナル 2019年8月号

梅澤拓帰山雄介(共著)

2019年7月

その他

フィリピン:フィリピン競争法委員会が企業結合を認めなかった事例

商事法務ポータル「アジア法務情報」

箕輪俊介