• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > 経産省「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」のポイント

ここから本文です。

経産省「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」のポイント

ニュースレター

著者等

湯浅諭

書籍名・掲載誌

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第32号(2019年7月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスコーポレートガバナンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2019年6月28日、経済産業省は、「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」(「GGSガイドライン」)を公表しました。
これまで、企業における実効的なガバナンスの実現に関しては、2015年6月に東京証券取引所が「コーポレートガバナンス・コード」(「コード」)を公表したほか、2017年3月には、経済産業省の設置するコーポレート・ガバナンス・システム研究会(「CGS研究会」)が「CGS研究会報告書-実効的なガバナンス体制の構築・運用の手引-」を策定し、これを受けて経済産業省が「コーポレート・ガバナンス・システムに関する実務指針」を公表しています。

全文を読む(外部サイト、PDF:748KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Compliance Legal Updateのバックナンバー・配信登録

湯浅諭の最近の著書・論文

2020年2月

論文

米国輸出規制と日本企業における対応実務(共著)

ビジネス法務 2020年4月号(Vol.20 No.4)

2020年1月

ニュースレター

米国司法省、輸出規制・経済制裁に違反した企業に対する執行方針をアップデート(共著)

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第37号(2020年1月)

2019年10月

その他

New corporate group governance guidelines(共著)

International Law Officeオンラインニュースレター「White Collar Crime―Japan」

2018年3月

書籍

『不適切会計対応の実務――予防・発見・事後対応』(共著)

商事法務

2017年3月

論文

問題が起きてから慌てないために 不祥事対応の基本(共著)

BUSINESS TOPICS 2017年3月号(No.174)

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2020年3月

論文

最新トピックをおさえる 危機管理・コンプライアンス実務講座 <第2回> 企業不祥事対応における「弁護士・依頼者間秘匿特権」(Attorney-Client Privilege)の重要性

月刊監査役 2020年4月号(No.708)

眞武慶彦豊田紗織(共著)

2020年3月

論文

企業不祥事・企業犯罪をめぐる諸問題 <第3回> コンプライアンス・プログラムの整備を通じた企業不祥事の予防

金融法務事情 2020年3月25日号(No.2134)

深水大輔角田美咲(共著)

2020年3月

論文

接待贈答その他の贈収賄規制

金融・商事判例 2020年3月15日号(No.1586)

眞武慶彦

コーポレートガバナンスに関する最近の著書・論文

2020年3月

ニュースレター

新型コロナウイルスの影響に関する上場会社の開示対応(速報)

NO&T Client Alert(2020年3月10日号)

新木伸一木村聡輔斉藤元樹宮下優一水越恭平(共著)

2020年3月

ニュースレター

東証の新市場区分の概要と実務上の留意点 ~「市場第一部」等は廃止され、新市場区分へ移行準備が必要に~

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第53号(2020年3月)

木村聡輔水越恭平(共著)

2020年2月

ニュースレター

政策保有株式の開示と売却

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第52号(2020年2月)

宮下優一