• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)

ここから本文です。

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)

ニュースレター

著者等

鈴木明美

書籍名・掲載誌

NO&T Client Alert(2019年9月25日号)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

個人情報保護・プライバシー北米・中南米

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
カリフォルニア州消費者プライバシー法(California Consumer Privacy Act of 2018、以下「CCPA」という)の施行時期が、約3ヶ月後に迫っている。CCPAは、米国における最初の包括的なデータ・プライバシーに関する制定法であり、米国におけるデータ・プライバシー実務に大きな影響を与えると予想されている。
CCPAは、2018年6月に成立した後も、多くの修正案が提出され、長らく2020年1月の施行時点の条文が確定しない状況が続いてきたが、本年9月13日をもって、修正案に関するカリフォルニア州議会の審議・採択が終了し、確定に向けて前進した。

全文を読む(外部サイト、PDF:686KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Client Alertのバックナンバー・配信登録

鈴木明美の最近の著書・論文

2021年7月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Data Protection & Privacy 2022 Japan(共著)

2021年6月

論文

Chambers Global Practice Guides Corporate Governance 2021 Japan - Law & Practice(共著)

2021年2月

ニュースレター

GDPRが製薬企業の事業活動に与える影響(共著)

NO&T Health Care Law Update ~薬事・ヘルスケアニュースレター(法律救急箱)~ 第18号(2021年2月)

2020年12月

ニュースレター

カリフォルニア州プライバシー権法(California Privacy Rights Act of 2020)(共著)

NO&T Data Protection Legal Update ~個人情報保護・データプライバシーニュースレター~ 第1号(2020年12月)

2020年10月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Data Protection & Privacy 2021 Japan(共著)

個人情報保護・プライバシーに関する最近の著書・論文

2021年7月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Data Protection & Privacy 2022 Japan

鈴木明美早川健(共著)

2021年7月

その他

中国:個人情報保護法(草案二次審議稿)の公表(上)(下)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫鈴木章史(共著)

2021年7月

その他

中国:ネットワーク安全審査弁法の修正草案の公表(上)(下)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

鈴木章史

北米・中南米に関する最近の著書・論文

2021年9月

その他

強まる米安保規制 買収や調達、制裁対象の見極め難しく

日本経済新聞電子版 2021年9月1日「Nikkei Views」

大久保涼(コメント)

2021年8月

ニュースレター

ニューヨーク州競争法の改正案(Twenty-First Century Anti-Trust Act)について

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第61号(2021年8月)

大久保涼佐藤恭平(共著)

2021年8月

論文

法務部員が知っておくべき 米中貿易摩擦に関する法令・規制の最新状況 第3回 米国の法令・規制(3)―2021年6月・7月の最新動向/近年の輸出管理(1)

ビジネス法務 2021年10月号(Vol.21 No.10)

井口直樹松本渉(共著)