• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > 海外居住富裕層の税務上の居住者性について,注目すべき高裁レベルの判決(東京高判令和元年11月27日)

ここから本文です。

海外居住富裕層の税務上の居住者性について,注目すべき高裁レベルの判決(東京高判令和元年11月27日)

ニュースレター

著者等

平川雄士

書籍名・掲載誌

NO&T Client Alert(2019年12月6日号)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

税務アドバイス・プランニング税務争訟

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
東京高裁令和元年11月27日判決(公刊物未登載)は,主として海外の自社グループ会社の事業活動に従事していた富裕層個人(代表者兼大株主)について,日本の所得税法上の非居住者であることを否認して居住者であると認定した課税処分を取り消して納税者を勝訴させた東京地裁令和元年5月30日判決を支持(国の控訴を棄却)する判断を示した。
個人が日本の非居住者であるか居住者であるかという点は,贈与税に関する著名な武富士事件(最判平成23年2月18日)をはじめとして,過去にも数多くの事件において争われてきた論点であり,特に富裕層の租税案件においては避けては通れない論点である。

全文を読む(外部サイト、PDF:673KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Client Alertのバックナンバー・配信登録

平川雄士の最近の著書・論文

2021年4月

論文

最高裁令和3年3月11日判決の解説―納税者訴訟代理人としての経験から―(共著)

週刊T&A master 2021年4月26日号(No.880)

2021年4月

論文

コロナ禍で相次ぐ大企業の減資、「資本金1億円」の誘因

週刊金融財政事情 2021年4月20日号(No. 3398)

2021年3月

ニュースレター

最高裁,法人税法施行令の規定を違法無効と判断する納税者勝訴の判決(最判令和3年3月11日)

NO&T Client Alert(2021年3月16日号)

2020年12月

インタビュー

LAWYERS GUIDE 2021(インタビュー)

LAWYERS GUIDE 2021 Business Law Journal 2021年2月号(No.155)別冊

2020年11月

論文

連載/弁護士のための租税法務〔第12回・完〕 国際的買収取引における国際課税制度

ジュリスト 2020年12月号(No.1552)

税務アドバイス・プランニングに関する最近の著書・論文

2021年5月

ニュースレター

株式交付制度と課税上の取扱いの概要

NO&T Tax Law Update ~税務ニュースレター~ 第3号(2021年5月)

堀内健司

2021年5月

ニュースレター

株式交付制度と課税上の取扱いの概要

NO&T Corporate Legal Update ~コーポレートニュースレター~ 第6号(2021年5月)

堀内健司

2021年5月

論文

デジタル課税に関する米国提案のポイントと企業への影響

月刊国際税務 2021年5月号(Vol.41 No.5)

南繁樹

税務争訟に関する最近の著書・論文

2021年5月

論文

デジタル課税に関する米国提案のポイントと企業への影響

月刊国際税務 2021年5月号(Vol.41 No.5)

南繁樹

2021年4月

論文

最高裁令和3年3月11日判決の解説―納税者訴訟代理人としての経験から―

週刊T&A master 2021年4月26日号(No.880)

平川雄士石井裕樹(共著)

2021年3月

ニュースレター

最高裁,法人税法施行令の規定を違法無効と判断する納税者勝訴の判決(最判令和3年3月11日)

NO&T Client Alert(2021年3月16日号)

平川雄士