• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > 決済法制及び金融サービス仲介法制の見直しについて ―金融審議会の報告の内容―

ここから本文です。

決済法制及び金融サービス仲介法制の見直しについて ―金融審議会の報告の内容―

ニュースレター

著者等

酒井敦史井上翔太郎(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第51号(2019年12月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

金融レギュレーション・金融コンプライアンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2019年12月20日、金融庁は、金融審議会(決済法制及び金融サービス仲介法制に関するワーキング・グループ)の審議の結果をまとめた報告(以下「本報告」)を公表しました。
本報告は、2019年7月26日に公表された「『決済』法制及び金融サービス仲介法制に係る制度整備についての報告≪基本的な考え方≫」で示された方向性を踏まえつつ、金融審議会でさらに審議した結果をまとめたものです。

全文を読む(外部サイト、PDF:996KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

酒井敦史の最近の著書・論文

2020年12月

論文

Chambers Global Practice Guides Banking Regulation 2021 Japan - Law & Practice(共著)

2020年11月

論文

ファンド規制におけるルックスルーの要否(共著)

旬刊商事法務 2020年11月15日号(No.2246)

2020年6月

論文

クロスボーダー取引に係る業規制の適用範囲(共著)

旬刊商事法務 2020年6月15日号(No.2233)

2020年4月

ニュースレター

決済法制及び金融サービス仲介法制の見直しについて ―国会提出法案の内容(2)―(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第56号(2020年4月)

2020年4月

ニュースレター

決済法制及び金融サービス仲介法制の見直しについて ―国会提出法案の内容(1)―(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第55号(2020年4月)

井上翔太郎の最近の著書・論文

2020年4月

ニュースレター

決済法制及び金融サービス仲介法制の見直しについて ―国会提出法案の内容(2)―(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第56号(2020年4月)

2020年4月

ニュースレター

決済法制及び金融サービス仲介法制の見直しについて ―国会提出法案の内容(1)―(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第55号(2020年4月)

金融レギュレーション・金融コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2021年4月

ニュースレター

「海外投資家等特例業務」と「移行期間特例業務」の導入-2021年銀行法等改正法案による金商法改正のポイント-

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第65号(2021年4月)

鈴木謙輔滝沢由佳(共著)

2021年3月

その他

シンガポール:シンガポールにおけるAML/CFT(マネー・ロンダリング/テロ資金供与対策)法制のポイント(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

長谷川良和

2021年3月

論文

実例から読み解く2021年実務の動向(4・完)金融商品取引法上の開示不正・不公正取引

旬刊商事法務 2021年3月15日号(No.2257)

垰尚義工藤靖(共著)