• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2020年の著書・論文 > 最新トピックをおさえる 危機管理・コンプライアンス実務講座 <第2回> 企業不祥事対応における「弁護士・依頼者間秘匿特権」(Attorney-Client Privilege)の重要性

ここから本文です。

最新トピックをおさえる 危機管理・コンプライアンス実務講座 <第2回> 企業不祥事対応における「弁護士・依頼者間秘匿特権」(Attorney-Client Privilege)の重要性

論文

著者等

眞武慶彦豊田紗織(共著)

書籍名・掲載誌

月刊監査役 2020年4月号(No.708)

出版社

日本監査役協会

備考

「最新トピックをおさえる 危機管理・コンプライアンス実務講座」連載情報はこちら

業務分野

危機管理・不祥事対応・コンプライアンス

眞武慶彦の最近の著書・論文

2020年6月

論文

最新トピックをおさえる 危機管理・コンプライアンス実務講座 <第5回> 企業不祥事の公表の判断・初期的なメディア対応について(共著)

月刊監査役 2020年7月号(No.711)

2020年5月

その他

テレワークに潜む「リモハラ」の危険(コメント)

日本経済新聞電子版 2020年5月31日「法務インサイド」

2020年5月

論文

最新トピックをおさえる 危機管理・コンプライアンス実務講座 <第4回> 内部通報制度の設計及び運用に関する実務上の検討課題(共著)

月刊監査役 2020年6月号(No.710)

2020年4月

ニュースレター

弁護士・依頼者間秘匿特権に係る規則・指針案の公表(共著)

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第41号(2020年4月)

2020年4月

論文

最新トピックをおさえる 危機管理・コンプライアンス実務講座 <第3回> 企業不祥事における調査体制の選択(第三者委員会に関する近時の議論を中心に)(共著)

月刊監査役 2020年5月号(No.709)

豊田紗織の最近の著書・論文

2019年3月

論文

実務 知財判例研究会(第3回)モデルチェンジ前の先行商品が存在する場合に不正競争防止法上の保護を受けられる商品「形態」の範囲――東京地判平成30・3・19(平成29年(ワ)第21107号)を題材として(共著)

NBL 2019年3月15日号(No.1142)

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2020年6月

論文

最新トピックをおさえる 危機管理・コンプライアンス実務講座 <第5回> 企業不祥事の公表の判断・初期的なメディア対応について

月刊監査役 2020年7月号(No.711)

眞武慶彦入谷淳(共著)

2020年6月

論文

利用促進への課題は? 外部通報の保護要件の緩和・拡充

ビジネス法務 2020年8月号(Vol.20 No.8) 特集2「改正公益通報者保護法で見直す実効的な「内部通報制度」」

深水大輔角田美咲(共著)

2020年5月

その他

テレワークに潜む「リモハラ」の危険

日本経済新聞電子版 2020年5月31日「法務インサイド」

眞武慶彦(コメント)