• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2020年の著書・論文 > Park-PFIの動向と法的視点から見た実務

ここから本文です。

Park-PFIの動向と法的視点から見た実務

論文

著者等

勝山輝一村治能宗(共著)

書籍名・掲載誌

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.54(March-April 2020)

出版社

不動産証券化協会

論文のPDF

データのダウンロードはこちら(PDF:1,041KB)pdf.gif

業務分野

プロジェクトファイナンス

勝山輝一の最近の著書・論文

2019年12月

ニュースレター

Park-PFIの動向(共著)

NO&T Client Alert(2019年12月17日号)(NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第3号)

2017年10月

論文

コンセッション型PFIファイナンスの特徴 ――伝統的なプロジェクトファイナンスとの相違点を中心に――

金融法務事情 2017年10月10日号(No.2075)

2017年7月

論文

地域金融機関のためのプロジェクトファイナンス入門 第10回(完) プロジェクト関連契約(その2)(共著)

金融法務事情 2017年7月10日号(No.2069)

2017年6月

論文

地域金融機関のためのプロジェクトファイナンス入門 第9回 プロジェクト関連契約(その1)(共著)

金融法務事情 2017年6月10日号(No.2067)

2017年5月

論文

地域金融機関のためのプロジェクトファイナンス入門 第8回 融資関連契約(その5)(共著)

金融法務事情 2017年5月10日号(No.2065)

村治能宗の最近の著書・論文

2019年12月

ニュースレター

Park-PFIの動向(共著)

NO&T Client Alert(2019年12月17日号)(NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第3号)

2014年2月

論文

自己信託を利用した譲渡禁止特約付債権等の証券化・流動化の実務と法的諸問題(共著)

SFJ Journal 2014年2月号(Vol.8)

2012年7月

論文

Expiry of Japan’s moratorium law

International Financial Law Review 2012年7月/8月号 International Briefings: Japan

2012年4月

論文

Abusive company splits: Use and abuse(共著)

The 2012 Guide to Japan 10th Edition International Financial Law Review 2012年4月号別冊

2009年6月

論文

Proposed act on fund settlements(共著)

International Financial Law Review 2009年6月号 International Briefings: Japan

プロジェクトファイナンスに関する最近の著書・論文

2021年4月

論文

道路空間の新たな利活用に向けた道路法改正(下)~集約型の公共交通ターミナルの整備・運営に向けたコンセッション制度の概要

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.60(March-April 2021)

渡邉啓久宮城栄司(共著)

2020年12月

論文

道路空間の新たな利活用に向けた道路法改正(上)~歩行者利便増進道路の指定制度について

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.58(November-December 2020)

渡邉啓久宮城栄司(共著)

2020年12月

論文

特別研究 担保法改正の動向と金融実務への影響

銀行実務 2020年12月号

井上聡