• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2019年の著書・論文 > 民法改正の賃貸借実務への影響

ここから本文です。

民法改正の賃貸借実務への影響

論文

著者等

小山嘉信

書籍名・掲載誌

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.52(November-December 2019)

出版社

不動産証券化協会

論文のPDF

データのダウンロードはこちら(PDF:1,176KB)pdf.gif

業務分野

不動産取引

小山嘉信の最近の著書・論文

2020年12月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Real Estate 2021 Japan(共著)

2020年11月

論文

The Legal 500: 4th Edition Real Estate Comparative Guide - Japan(共著)

The Legal 500 ウェブサイト内

2020年11月

論文

Japanese government considering new legislative measures to provide for indemnification regarding COVID-19 vaccine use(共著)

PHARMAnetwork magazine 2020年11月号(第47号)

2020年10月

書籍

『不動産証券化ハンドブック2020』(共著)

不動産証券化協会

2020年8月

論文

医薬品・医療機器等の審査・承認制度変更への対応や、法令遵守体制等の整備が重要に―薬機法改正の主なポイントと実務への影響(共著)

BUSINESS LAWYERS(ビジネスロイヤーズ)―実務に役立つ企業法務ポータル

不動産取引に関する最近の著書・論文

2021年4月

論文

道路空間の新たな利活用に向けた道路法改正(下)~集約型の公共交通ターミナルの整備・運営に向けたコンセッション制度の概要

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.60(March-April 2021)

渡邉啓久宮城栄司(共著)

2020年12月

論文

The International Hotel Law Review - Edition 1 JAPAN

齋藤理洞口信一郎(共著)

2020年12月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Real Estate 2021 Thailand

箕輪俊介ヨティン・インタラプラソンプンニーサー・ソーンチャンワットチャットーン・スントーンオパース(共著)