• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2020年の著書・論文 > 新しい倒産法の成立及び施行(ミャンマー)

ここから本文です。

新しい倒産法の成立及び施行(ミャンマー)

ニュースレター

著者等

酒井嘉彦

書籍名・掲載誌

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第85号(2020年4月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

事業再生・倒産アジアミャンマー

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
ミャンマーでは、海外からの投資を誘致し、国内での企業活動を促進するための法的枠組みの整備や規制緩和が進められ、海外の企業や投資家にとってより魅力的な投資環境・事業環境を創出する努力が行われている。その動きの一つとして、2020年2月14日付で成立したミャンマー倒産法(「新倒産法」)が、同年3月25日付で発効した。同法は、約100年ぶりに制定された倒産処理に関する法律であり、国際的な倒産処理プラクティスを参考にしつつ、法人の倒産処理のメニューを増やし、かつ、手続を明確化するものであるため、その概要を紹介する。

全文を読む(外部サイト、PDF:887KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Asia Legal Updateのバックナンバー・配信登録

酒井嘉彦の最近の著書・論文

2020年6月

その他

インドネシア:外国資本企業の最低投資金額に関する新規則

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年4月

その他

ミャンマー:ミャンマーにおける新たな倒産処理の枠組み(後編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年4月

その他

ミャンマー:ミャンマーにおける新たな倒産処理の枠組み(前編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2019年11月

その他

ミャンマー:法人等の実質的な所有関係の開示に関する新たなルール

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2019年10月

その他

ミャンマー:M&A取引を規律する法制度をめぐる近時の動向(後編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

事業再生・倒産に関する最近の著書・論文

2020年9月

ニュースレター

アジア各国の現地事業の見直し・再編圧力に備える ~インド編

NO&T Client Alert(2020年9月3日号)

山本匡シェジャル・ヴェルマ(共著)

2020年7月

論文

新型コロナ対応で倒産・再生弁護士に求められること

金融法務事情 2020年7月25日号(No.2142)

大川剛平(共著)

2020年7月

その他

中国:深セン市が全国初の個人破産条例のパブリックコメント版を公布(下)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫

アジアに関する最近の著書・論文

2020年9月

ニュースレター

流通販売業への外資規制に関する実務上の諸論点(ベトナム)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第90号(2020年9月)

カオ小池 ミンティ

2020年9月

ニュースレター

台湾におけるジョイントベンチャーの組成・運営に関する実務上の留意点

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第90号(2020年9月)

德地屋圭治

2020年9月

ニュースレター

2019年消費者保護法上のProduct Liability(インド)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第90号(2020年9月)

山本匡

ミャンマーに関する最近の著書・論文

2020年4月

その他

ミャンマー:ミャンマーにおける新たな倒産処理の枠組み(後編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

酒井嘉彦

2020年4月

その他

ミャンマー:ミャンマーにおける新たな倒産処理の枠組み(前編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

酒井嘉彦

2019年12月

その他

ミャンマー:商標法の施行に向けた動き

商事法務ポータル「アジア法務情報」

松本岳人