• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2020年の著書・論文 > 宇宙ビジネスの潮流と宇宙二法の概要

ここから本文です。

宇宙ビジネスの潮流と宇宙二法の概要

ニュースレター

著者等

大久保涼(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Technology Law Update ~テクノロジー法ニュースレター~ 第3号(2020年6月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

キーワード

宇宙法

業務分野

IT・テレコム

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
5月30日(米国時間)、米国の企業家イーロン・マスク氏が立ち上げた民間企業SpaceXのファルコン9ロケットとタッチパネルで操作可能な有人ドラゴン宇宙船が、米国人の宇宙飛行士を乗せて国際宇宙ステーションに飛行しました。米国政府が巨額の予算をかけたアポロ計画から50年が経過しましたが、その間、宇宙開発に関連するテクノロジーは大きく発展し、また、民間企業の宇宙産業への進出をもたらしました。日本においても、これまで官主導だった宇宙開発は、民間事業者の参入が進んでおり、国内での市場規模は約1.2兆円にまで成長しています。

全文を読む(外部サイト、PDF:736KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Technology Law Updateのバックナンバー・配信登録

大久保涼の最近の著書・論文

2021年5月

論文

Chambers Global Practice Guides Acquisition Finance 2021 Japan - Law & Practice(共著)

2021年5月

その他

経済安保、知っておきたい3テーマ(コメント)

日経ヴェリタス 2021年5月23日号 9面

2021年4月

ニュースレター

【インタビュー録】USクロスボーダーM&Aの最先端実務Webinar Season4 第1回「バイデン政権下におけるCFIUSエンフォースメント」(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 特別号(2021年4月)

2021年4月

ニュースレター

SPACの概要とSPACを用いた日本企業による米国での上場の実務上の留意点(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第57号(2021年4月)

2021年3月

書籍

『日米実務の比較でわかる 米国アウトバウンドM&A法務の手引き』(編集代表・著者)

中央経済社

宇宙法に関する最近の著書・論文

2018年11月

書籍

『弁護士による宇宙ビジネスガイド』

同文舘出版

第一東京弁護士会(編)
鍋島智彦(共著)

IT・テレコムに関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

サイバーセキュリティリスク対応の留意点と近時の国内外の法改正等の影響(1)

NO&T Data Protection Legal Update ~個人情報保護・データプライバシーニュースレター~ 第6号(2021年6月)

工藤靖

2021年6月

その他

米でAI規制強化、摘発事例も 利用企業に説明責任

日本経済新聞電子版 2021年6月9日「Nikkei Views」

殿村桂司(コメント)

2021年5月

その他

経済安保、知っておきたい3テーマ

日経ヴェリタス 2021年5月23日号 9面

大久保涼(コメント)