• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2020年の著書・論文 > 賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の成立

ここから本文です。

賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の成立

ニュースレター

著者等

洞口信一郎宮城栄司石井康弘(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Client Alert(2020年7月29日号)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

不動産取引

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
賃貸住宅の管理の委託やいわゆるサブリースの増加に伴い、管理業者とオーナー又は賃借人との間でトラブルが増えていることを受け、2020年6月19日、賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律(以下「賃貸住宅管理適正化法」又は「法」という。)が公布された。
賃貸住宅管理適正化法では、賃貸住宅の入居者の居住の安定の確保及び賃貸住宅の賃貸に係る事業の公正かつ円滑な実施を図るために、新たに「賃貸住宅管理業」の登録制度を創設するとともに、良好な居住環境を備えた賃貸住宅の安定的な確保を図ることを目的として「特定賃貸借契約」の適正化のための措置が設けられた。

全文を読む(外部サイト、PDF:719KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Client Alertのバックナンバー・配信登録

洞口信一郎の最近の著書・論文

2020年8月

論文

賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の成立(共著)

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.56(July-August 2020)

2020年3月

ニュースレター

民法改正の不動産売買実務への影響(共著)

NO&T Client Alert(2020年3月16日号)

2020年2月

論文

民法改正の不動産売買実務への影響

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.53(January-February 2020)

2019年12月

ニュースレター

民法改正の賃貸借実務への影響(共著)

NO&T Client Alert(2019年12月20日号)

2019年2月

論文

水道法改正の概要~水道事業のコンセッション~

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.47(January-February 2019)

宮城栄司の最近の著書・論文

2020年8月

ニュースレター

PPP/PFI推進アクションプラン(令和2年改定版)の公表(共著)

NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第8号(2020年8月)

2020年8月

論文

賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の成立(共著)

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.56(July-August 2020)

2020年6月

ニュースレター

コンセッション方式を活用したバスタプロジェクトの展開に向けた道路法の改正(共著)

NO&T Client Alert(2020年6月2日号)(NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第6号)

2020年4月

ニュースレター

新型コロナウイルスの不動産賃貸・管理実務への影響(共著)

NO&T Client Alert(2020年4月6日号)

2017年10月

論文

賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明の運用開始について

NBL 2017年10月15日号(No.1108)

石井康弘の最近の著書・論文

2020年8月

論文

賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の成立(共著)

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.56(July-August 2020)

不動産取引に関する最近の著書・論文

2020年9月

論文

賃貸人の地位の留保に関する一考察

NBL 2020年9月1日号(No.1177)

池袋真実

2020年8月

論文

賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の成立

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.56(July-August 2020)

洞口信一郎宮城栄司石井康弘(共著)

2020年5月

論文

Trends in the amendment of collateral legislation

International Financial Law Review ウェブサイト内 Spring 2020 International Briefings: Japan

島田潤也