• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2020年の著書・論文 > カリフォルニア州プライバシー権法(California Privacy Rights Act of 2020)

ここから本文です。

カリフォルニア州プライバシー権法(California Privacy Rights Act of 2020)

ニュースレター

著者等

鈴木明美水越政輝(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Data Protection Legal Update ~個人情報保護・データプライバシーニュースレター~ 第1号(2020年12月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

個人情報保護・プライバシー北米・中南米

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
米国カリフォルニア州においては、カリフォルニア州消費者プライバシー法(California Consumer Privacy Act of 2018、以下「CCPA」という)が2020年1月に施行され、同年7月から執行が開始されているところであるが、11月3日に行われたカリフォルニア州の住民投票において、新たに、カリフォルニア州プライバシー権法(California Privacy Rights Act of 2020、以下「CPRA」という)が承認された。
CPRAは、CCPAに基づく概念や規制の内容を一部改正するとともに、追加的な規制や制度を定めており、基本的には、データ保護規制を強化するものとなっている。CPRAは、後述する一部の規定を除き、2023年1月1日から施行されるが、実際の執行は2023年7月1日から行われることとされている。また、CCPAと同様に、規則において規律の具体化及び明確化が行われる部分も相応に存在するところ、当該規則については2022年7月1日までに採択される予定である。
CPRAの詳細については今後の議論を待つ必要があるものの、以下では、CPRAによるCCPAの主要な改正点について説明する。

全文を読む(外部サイト、PDF:701KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Data Protection Legal Updateのバックナンバー・配信登録

鈴木明美の最近の著書・論文

2020年10月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Data Protection & Privacy 2021 Japan(共著)

2020年6月

論文

Chambers Global Practice Guides Corporate Governance 2020 Japan - Law & Practice(共著)

2020年2月

論文

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の概要と標準的な対応策

Business Law Journal 2020年4月号(No.145)

2019年10月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Data Protection & Privacy 2020 Japan(共著)

2019年9月

ニュースレター

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)

NO&T Client Alert(2019年9月25日号)

水越政輝の最近の著書・論文

2020年9月

書籍

『LegalTech』(執筆担当)

金融財政事情研究会

2020年7月

インタビュー

先例が少ない中で企業ごとの“解”を見つけ新たな実務の構築に挑む(インタビュー)

Business Law Journal 9月号(2020年7月21日発売号)別冊付録「Lawyers Guide DATA×LAW」掲載

2020年5月

ニュースレター

外為法に基づく対内直接投資規制に関する改正がテクノロジー分野に属する事業を営む企業に与える影響(共著)

NO&T Technology Law Update ~テクノロジー法ニュースレター~ 第2号(2020年5月)

2020年4月

論文

「事業者」「サービス提供者」「第三者」への該当性 規制の適用範囲と適用除外

ビジネス法務 2020年6月号(Vol.20 No.6) 特集2「米国カリフォルニア州消費者プライバシー法への対応実務」

2020年2月

書籍

『令和元年 改正会社法ポイント解説 Q&A』(共著)

日本経済新聞出版社

個人情報保護・プライバシーに関する最近の著書・論文

2021年2月

ニュースレター

中国個人情報保護法(草案)の概要

NO&T Data Protection Legal Update ~個人情報保護・データプライバシーニュースレター~ 第3号(2021年2月)

川合正倫鈴木章史(共著)

2021年1月

ニュースレター

個人情報保護法施行令・施行規則の改正案について

NO&T Data Protection Legal Update ~個人情報保護・データプライバシーニュースレター~ 第2号(2021年1月)

森大樹

2020年12月

ニュースレター

個人情報保護法の改正(シンガポール)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第93号(2020年12月)

松本岳人

北米・中南米に関する最近の著書・論文

2021年3月

書籍

『日米実務の比較でわかる 米国アウトバウンドM&A法務の手引き』

中央経済社

長島・大野・常松法律事務所ニューヨーク・オフィス(編)
大久保涼(編集代表・著者)
北川なつ子佐藤恭平堀内健司逵本麻佑子加藤嘉孝下村祐光(著者)
趙飛達(執筆協力)

2021年2月

論文

米国連邦政府によるTikTok・WeChat規制に対する訴訟の概要

ビジネス法務 2021年4月号

大久保涼長谷川紘(共著)

2021年2月

ニュースレター

バイデン政権下における企業結合法制のエンフォースメントの動向及び直近のHSR法に関するFTCからの発表

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第54号(2021年2月)

大久保涼北川なつ子(共著)