• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2020年の著書・論文 > アジア各国の現地事業の見直し・再編圧力に備える ~中国編

ここから本文です。

アジア各国の現地事業の見直し・再編圧力に備える ~中国編

ニュースレター

著者等

若江悠川合正倫(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Client Alert(2020年12月3日号)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

M&A/企業再編事業再生・倒産一般企業法務アジア中国

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
世界最大の消費市場である中国は、日本にとって最大の貿易相手国であり、また最大の投資先の一つでもあり、日本企業の今後の成長にとって無視することのできない市場である。他方で、現地企業及び世界各国企業がしのぎを削る市場でもあって、年々激化し変化の激しい競争環境のもと、様々な原因から、想定どおりの業績が上がらない日本企業も多くみられる。特に、人件費の高騰、環境規制の強化、事業構造の転換等が原因で、ここ数年、製造業を中心に、事業の再編・撤退の動きがすでに生じていたところであった。
さらに、2017年以降の米中摩擦により、サプライチェーンの見直しのため生産を中国から東南アジア等に移管する動きが一部に生じた。2021年以降、バイデン政権への移行により少なくとも予測不能な動きは減少することが期待されているが、既存の関税や、特に先端技術における米中間の競争とそれに伴う各種制裁措置は、当面の間継続するものと見込まれ、個別の事業がどのような影響を受けるかはなお注視する必要がある。他方、2020年には新型コロナウイルス感染症が当初武漢市を中心に感染拡大したことが明らかになった後、世界各地に広がっていったが、中国は各種の社会的・技術的手段を活用して国内の感染拡大を早期に抑え込み、主要国で唯一、前年比の経済成長を実現している。その結果、中国事業が業績を下支えしている日本企業もある一方で、業界再編も活発になっており、各方面における変動が再編圧力につながる可能性はある。

全文を読む(外部サイト、PDF:758KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Client Alertのバックナンバー・配信登録

若江悠の最近の著書・論文

2020年12月

ニュースレター

輸出管理法と信頼できないエンティティリスト規定について(下)(中国)(共著)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第93号(2020年12月)

2020年11月

ニュースレター

輸出管理法と信頼できないエンティティリスト規定について(上)(中国)(共著)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第92号(2020年11月)

2020年6月

ニュースレター

中国民法典の制定―物権編、契約編

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第87号(2020年6月)

2019年12月

ニュースレター

外商投資法実施条例(パブリックコメント版)について(中国)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第81号(2019年12月)

2019年5月

ニュースレター

「消費品リコール管理規定」案について(中国)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第74号(2019年5月)

川合正倫の最近の著書・論文

2021年2月

ニュースレター

民法典の担保制度の適用に関する最高人民法院の解釈(中国)(共著)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第95号(2021年2月)

2021年2月

ニュースレター

中国個人情報保護法(草案)の概要(共著)

NO&T Data Protection Legal Update ~個人情報保護・データプライバシーニュースレター~ 第3号(2021年2月)

2020年12月

その他

中国:外商投資安全審査弁法の公布(上)(下)(共著)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年12月

その他

中国:生物安全法(前編)(後編)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

2020年11月

論文

中国――当局,従業員対応,合弁パートナー等との交渉

ビジネス法務 2021年1月号

M&A/企業再編に関する最近の著書・論文

2021年2月

論文

実例から読み解く2021年実務の動向(1)M&A─非友好的買収を中心に・その1

旬刊商事法務 2021年2月5日号(No.2253)

玉井裕子岡野辰也(共著)

2021年1月

その他

ソフトバンクG、英アーム売却に独禁法の壁

日本経済新聞電子版「法務インサイド」2021年1月13日

鹿はせる(コメント)

2020年12月

ニュースレター

コロナ下におけるMAE条項及びOperating Covenantに関するデラウェア州裁判所初の判断

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第52号(2020年12月)

大久保涼逵本麻佑子(共著)

事業再生・倒産に関する最近の著書・論文

2021年1月

論文

倒産・事業再生実務からみた担保法改正――立法政策を中心に(第4回)包括担保についての検討

NBL 2021年1月15日号(No.1186)

大川剛平(共著)

2021年1月

その他

倒産・事業再生実務からみた担保法改正――立法政策を中心に(第4回)コメント「三方一両損――UCCと連邦破産法との関係を参考として」

NBL 2021年1月15日号(No.1186)

伊藤眞(コメント)

2021年1月

その他

『民事裁判の法理と実践―加藤新太郎先生古稀祝賀論文集』(三木浩一=山本和彦=松下淳一=村田渉 編)

判例時報 2021年1月11日号(2462号)

伊藤眞(書評)

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2021年2月

ニュースレター

対内直接投資審査に関する欧州共通の枠組み及びCOVID-19の流行に伴う特別措置を踏まえたイタリアの「ゴールデン・パワー」規制

NO&T Europe Legal Update ~欧州最新法律情報~ 第2号(2021年2月)

真野光平(共著)

2021年2月

その他

中国:外国制裁の域外適用に対する中国版ブロッキング規則の公表及び施行

商事法務ポータル「アジア法務情報」

鹿はせる

2021年2月

インタビュー

新型コロナ、日本政府の危機対応は「結果オーライ」。第3波への警鐘鳴らした弁護士の思い

ハフポスト日本版

塩崎彰久(インタビュー)

アジアに関する最近の著書・論文

2021年2月

その他

ベトナム:新労働法による変更点(10)就業規則

商事法務ポータル「アジア法務情報」

澤山啓伍

2021年2月

その他

中国:外国制裁の域外適用に対する中国版ブロッキング規則の公表及び施行

商事法務ポータル「アジア法務情報」

鹿はせる

2021年2月

ニュースレター

外国人労働者に関する新しい施行細則(ベトナム)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第95号(2021年2月)

中川幹久

中国に関する最近の著書・論文

2021年2月

その他

中国:外国制裁の域外適用に対する中国版ブロッキング規則の公表及び施行

商事法務ポータル「アジア法務情報」

鹿はせる

2021年2月

ニュースレター

民法典の担保制度の適用に関する最高人民法院の解釈(中国)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第95号(2021年2月)

川合正倫万鈞剣(共著)

2021年2月

ニュースレター

中国個人情報保護法(草案)の概要

NO&T Data Protection Legal Update ~個人情報保護・データプライバシーニュースレター~ 第3号(2021年2月)

川合正倫鈴木章史(共著)