• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2020年の著書・論文 > 企業不祥事・企業犯罪をめぐる諸問題 <第10回・完> 新たなガバナンスモデルと企業のリスク管理

ここから本文です。

企業不祥事・企業犯罪をめぐる諸問題 <第10回・完> 新たなガバナンスモデルと企業のリスク管理

論文

著者等

深水大輔

書籍名・掲載誌

金融法務事情 2020年12月25日号(No.2152)

出版社

金融財政事情研究会

備考

「企業不祥事・企業犯罪をめぐる諸問題」連載情報はこちら

業務分野

危機管理・不祥事対応・コンプライアンス

深水大輔の最近の著書・論文

2021年2月

対談・座談会録

【後編】AI活用でリアルタイムに不正を検知 デジタルフォレンジックの可能性(対談)

Value Navigator

2021年1月

対談・座談会録

【前編】デジタルフォレンジックがCOVID-19の拡大で注目される必然(対談)

Value Navigator

2020年12月

インタビュー

LAWYERS GUIDE 2021(インタビュー)

LAWYERS GUIDE 2021 Business Law Journal 2021年2月号(No.155)別冊

2020年12月

論文

デジタル化の加速・AIの社会実装に伴う社会構造の変化と企業の備え(共著)

ビジネス法務 2021年2月号 別冊付録「Business Law Firms 2021」掲載

2020年11月

論文

FCPAリソースガイドの改訂を踏まえたコンプライアンス・プログラムの整備 ―日本企業が直面することの多い論点を中心に―

旬刊商事法務 2020年11月15日号(No.2246)

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2021年2月

論文

実例から読み解く2021年実務の動向(3)コンプライアンス

旬刊商事法務 2021年2月25日号(No.2255)

垰尚義内藤卓未(共著)

2021年2月

その他

法律事務所、サイバー攻撃の標的に サイバー脅威の対策強化

日本経済新聞 2021年2月22日 朝刊13面

杉本文秀(コメント)

2021年2月

インタビュー

新型コロナ、日本政府の危機対応は「結果オーライ」。第3波への警鐘鳴らした弁護士の思い

ハフポスト日本版

塩崎彰久(インタビュー)