• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > バイデン政権下における企業結合法制のエンフォースメントの動向及び直近のHSR法に関するFTCからの発表

ここから本文です。

バイデン政権下における企業結合法制のエンフォースメントの動向及び直近のHSR法に関するFTCからの発表

ニュースレター

著者等

大久保涼北川なつ子(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第54号(2021年2月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

企業結合北米・中南米

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
米国では、1月に発足したバイデン政権下での各種法令のエンフォースメントの動向に注目が集まっており、独禁法上の企業結合審査の動向もその例外ではありません。また、2月に入り、企業結合法制に関連して、HSR法上の届出基準の変更などの重要な発表がありました。本ニュースレターではこれらの企業結合法制に関する最新動向をお伝えします。

全文を読む(外部サイト、PDF:769KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T U.S. Law Updateのバックナンバー・配信登録

大久保涼の最近の著書・論文

2021年3月

書籍

『日米実務の比較でわかる 米国アウトバウンドM&A法務の手引き』(編集代表・著者)

中央経済社

2021年2月

論文

米国連邦政府によるTikTok・WeChat規制に対する訴訟の概要(共著)

ビジネス法務 2021年4月号

2020年12月

ニュースレター

コロナ下におけるMAE条項及びOperating Covenantに関するデラウェア州裁判所初の判断(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第52号(2020年12月)

2020年10月

ニュースレター

CFIUSに対する義務的届出要件の改正にかかる最終規則の発表(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第51号(2020年10月)

2020年9月

その他

ファーウェイ禁輸、日本企業に取引先との訴訟リスク(コメント)

日本経済新聞電子版 2020年9月14日「法務インサイド」

北川なつ子の最近の著書・論文

2021年3月

書籍

『日米実務の比較でわかる 米国アウトバウンドM&A法務の手引き』(著者)

中央経済社

企業結合に関する最近の著書・論文

2021年4月

その他

ベトナム:マイノリティ出資時の企業結合届出の要否

商事法務ポータル「アジア法務情報」

澤山啓伍

2021年3月

その他

フィリピン:新型コロナウイルスの流行に伴う、企業結合届出が必要となる基準の一時的な緩和 (1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

箕輪俊介

2021年2月

その他

中国:プラットフォームビジネス領域における独占禁止指針の概要(上)(下)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

鈴木章史

北米・中南米に関する最近の著書・論文

2021年4月

ニュースレター

バージニア州消費者データ保護法の成立

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第56号(2021年4月)

逵本麻佑子加藤嘉孝(共著)

2021年4月

ニュースレター

米国子会社の実質的所有者情報の報告義務

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第55号(2021年4月)

塚本宏達加藤嘉孝(共著)

2021年3月

書籍

『日米実務の比較でわかる 米国アウトバウンドM&A法務の手引き』

中央経済社

長島・大野・常松法律事務所ニューヨーク・オフィス(編)
大久保涼(編集代表・著者)
北川なつ子佐藤恭平堀内健司逵本麻佑子加藤嘉孝下村祐光(著者)
趙飛達(執筆協力)