• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > 社債への利息制限法の適用が否定された事例(最高裁令和3年1月26日判決)

ここから本文です。

社債への利息制限法の適用が否定された事例(最高裁令和3年1月26日判決)

ニュースレター

著者等

月岡崇

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第61号(2021年2月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

キャピタルマーケット

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
金銭消費貸借の利息には利息制限法が適用され、同法の制限(元本の額が100万円以上の場合、利率は年15%)を超える利息の契約がなされても、その超過部分は無効となります。この利息制限法の制限利率が社債にも適用されるかどうかは、長年の議論の的でした。最高裁判所第三小法廷は令和3年1月26日に、この論点が正面から問題となった事案において、おそらく初めてとなる判断を下し、この事案における社債の利息に対する利息制限法の適用を否定しました。長らく未解決とされてきたこの議論に最高裁が一応の結論を出したことにより、今後の実務にも大きな影響を与えると思われることから、本稿ではこの判例を紹介いたします。

全文を読む(外部サイト、PDF:672KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

月岡崇の最近の著書・論文

2020年12月

書籍

『証券化ハンドブック』(共著)

流動化・証券化協議会

2020年10月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Islamic Finance & Markets 2021 Japan

2020年5月

その他

Extension of filing deadlines for disclosure documents in response to COVID-19 outbreak

International Law Officeオンラインニュースレター「Capital Markets―Japan」

2020年3月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Structured Finance & Securitisation 2020 Japan(共著)

2019年12月

その他

Does Interest Rate Restriction Act apply to corporate bonds?

International Law Officeオンラインニュースレター「Capital Markets―Japan」

キャピタルマーケットに関する最近の著書・論文

2021年3月

ニュースレター

上場投資法人(J-REIT及びインフラファンド)の資産運用会社における組織再編等に対する上場廃止審査手続の見直し

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第63号(2021年3月)

糸川貴視

2021年3月

ニュースレター

非上場株式の投資に関する現状と法的課題

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第62号(2021年3月)

宮下優一鈴木雅博脇田隼輔(共著)

2021年2月

書籍

Japanese Law Fourth Edition

Oxford University Press

小田博