• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > 『Before/After 会社法改正』

ここから本文です。

『Before/After 会社法改正』

書籍

著者等

梅野晴一郎(共編著)
新木伸一(共著)

出版社

弘文堂

目次

〔株主総会〕
I 電子提供制度 Case1~14
II 株主提案権 Case15~24

〔取締役等〕
I 適切なインセンティブ付与 Case25~52
II 社外取締役の活用等 Case53~60

〔その他〕
I 社債の管理 Case61~74
II 株式交付 Case75~91
III その他 Case92~100

業務分野

一般企業法務

詳細

梅野晴一郎弁護士は、本書全体の編集に関与し、以下を執筆。
第1章 株主総会 II 株主提案権
「Case15 株主が提案可能な議案の数の制限」
第2章 取締役等 II 社外取締役の活用等
「Case53 業務執行の社外取締役への委託」

新木伸一弁護士は、以下を執筆。
第2章 取締役等 I 適切なインセンティブ付与
「Case28 株式報酬(1)交付のための手続」
「Case29 株式報酬(2)会計処理」
「Case32 報酬等の開示(1)」
「Case33 報酬等の開示(2)」

梅野晴一郎の最近の著書・論文

2021年2月

書籍

『実務解説 改正会社法 <第2版>』(共同監修・共著)

弘文堂

2020年11月

対談・座談会録

座談会「令和元年会社法改正」(座談会)

法の支配 No.199

2020年6月

書籍

『実務解説 改正会社法』(共同監修・共著)

弘文堂

2005年5月

論文

ニッポン放送新株予約権発行差止仮処分決定と敵対的買収の防衛策

M&A Review (Vol.19, No.3 通巻184号)

2005年2月

論文

敵対的TOBに対する意見表明の実務

旬刊経理情報 2005年2月1日号

新木伸一の最近の著書・論文

2021年8月

その他

海外で目立つ、親会社と切り離す「スピンオフ」成長に一役、国内普及には税の壁(コメント)

日経ヴェリタス 2021年8月15日号 9面

2021年2月

書籍

『実務解説 改正会社法 <第2版>』(共著)

弘文堂

2020年6月

書籍

『実務解説 改正会社法』(共著)

弘文堂

2020年4月

ニュースレター

新型コロナウイルスの影響に関する上場会社の開示対応(速報・その2)(共著)

NO&T Client Alert(2020年4月30日号)

2020年4月

論文

コシダカによる本邦初の適格株式分配を利用したスピンオフ上場の解説(共著)

旬刊商事法務 2020年4月5日号(No.2227)

一般企業法務に関する最近の著書・論文

2021年9月

その他

マレーシア:会社の実質的保有者届出規制とノミニースキーム再検証の動き(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

長谷川良和

2021年9月

書籍

『株主間契約・合弁契約の実務』

中央経済社

藤原総一郎(編著)
大久保圭大久保涼笠原康弘粟谷翔加藤嘉孝宇治佑星(共著)

2021年9月

その他

強まる米安保規制 買収や調達、制裁対象の見極め難しく

日本経済新聞電子版 2021年9月1日「Nikkei Views」

大久保涼(コメント)