• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > 最高裁,法人税法施行令の規定を違法無効と判断する納税者勝訴の判決(最判令和3年3月11日)

ここから本文です。

最高裁,法人税法施行令の規定を違法無効と判断する納税者勝訴の判決(最判令和3年3月11日)

ニュースレター

著者等

平川雄士

書籍名・掲載誌

NO&T Client Alert(2021年3月16日号)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

税務争訟

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
最高裁判所は,令和3年3月11日,法人税法施行令23条1項3号の規定につき,一定の限度において「法人税法の趣旨に適合するものではなく,同法の委任の範囲を逸脱した違法なものとして無効というべきである」との判断を示し,国の上告を棄却する納税者勝訴の判決を下しました(最高裁令和3年3月11日第一小法廷判決)。
当職は,本件の納税者訴訟代理人を務め,一審(東京地判平成29年12月6日)および控訴審(東京高判令和元年5月29日)に続き,最高裁でも本件を納税者の全面勝訴に導きました。
司法権の最終審が行政命令を違法無効と判断すること,とりわけ租税法分野における施行令(政令)を違法無効と判断した上で納税者勝訴の判決を下すことは,先例もない極めて異例のことといえます。本判決は,租税法分野における法の支配を文字どおり貫徹したものということができます。

全文を読む(外部サイト、PDF:555KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Client Alertのバックナンバー・配信登録

平川雄士の最近の著書・論文

2021年4月

論文

最高裁令和3年3月11日判決の解説―納税者訴訟代理人としての経験から―(共著)

週刊T&A master 2021年4月26日号(No.880)

2021年4月

論文

コロナ禍で相次ぐ大企業の減資、「資本金1億円」の誘因

週刊金融財政事情 2021年4月20日号(No. 3398)

2020年12月

インタビュー

LAWYERS GUIDE 2021(インタビュー)

LAWYERS GUIDE 2021 Business Law Journal 2021年2月号(No.155)別冊

2020年11月

論文

連載/弁護士のための租税法務〔第12回・完〕 国際的買収取引における国際課税制度

ジュリスト 2020年12月号(No.1552)

2020年11月

書籍

Taxation of Crypto Assets - Country Reports「Japan」(共著)

Kluwer Law International

税務争訟に関する最近の著書・論文

2021年5月

論文

デジタル課税に関する米国提案のポイントと企業への影響

月刊国際税務 2021年5月号(Vol.41 No.5)

南繁樹

2021年4月

論文

最高裁令和3年3月11日判決の解説―納税者訴訟代理人としての経験から―

週刊T&A master 2021年4月26日号(No.880)

平川雄士石井裕樹(共著)

2021年2月

講演録

国際課税の潮流―「東インド会社」、「文明の衝突」、「アフターコロナ」

租税研究 2021年2月号(第856号)

南繁樹(講演録)