• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > 上場投資法人(J-REIT及びインフラファンド)の資産運用会社における組織再編等に対する上場廃止審査手続の見直し

ここから本文です。

上場投資法人(J-REIT及びインフラファンド)の資産運用会社における組織再編等に対する上場廃止審査手続の見直し

ニュースレター

著者等

糸川貴視

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第63号(2021年3月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

キャピタルマーケットJ-REIT

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
これまで東京証券取引所(以下「東証」といいます。)は、上場投資法人(J-REIT及びインフラファンド)に係る資産運用会社の組織再編及び親会社の異動が投資法人の上場廃止基準に該当しないかの審査について、資産運用会社の組織再編等の前後における運用体制が適切に継続されるかどうかを資産運用会社に個別に確認する等柔軟な対応を行ってきました。もっとも、かかる確認手続は、明文化されたものではなく、運用面で曖昧な面がありました。   このため、東証は、上場規則の改正を行うことで実務上の取扱いを明確化し上場制度の整備を行いました。改正の概要を以下のとおりご紹介いたします。今回の改正は、本年3月15日から施行されています。

全文を読む(外部サイト、PDF:618KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

糸川貴視の最近の著書・論文

2021年8月

ニュースレター

投資法人における少数投資主の権利と少数株主の権利の比較(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第74号(2021年8月)

2021年8月

論文

令和元年会社法改正による不動産証券化実務への影響(共著)

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.62(July-August 2021)

2021年5月

ニュースレター

J-REIT(不動産投資法人)の公募増資におけるスケジュールの短縮化

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第67号(2021年5月)

2021年2月

ニュースレター

令和元年改正会社法による不動産証券化実務への影響の概要

NO&T Client Alert(2021年2月25日号)

2014年6月

論文

不動産の証券化・流動化と貸金業法(共著)

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.19 (May-June 2014)

キャピタルマーケットに関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

社債への利息制限法の適用がはじめて否定された最高裁判例と実務への影響

ビジネス法務 2021年9月号(Vol.21 No.9)

月岡崇

2021年9月

ニュースレター

インドの上場規則の改正

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第102号(2021年9月)

山本匡

2021年8月

ニュースレター

社債権者集会の実務 ~2021年末LIBOR公表停止に備えた社債要項の見直し~

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第73号(2021年8月)

門田正行木村聡輔米田崇人(共著)

J-REITに関する最近の著書・論文

2021年8月

論文

令和元年会社法改正による不動産証券化実務への影響

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.62(July-August 2021)

糸川貴視丸上貴史(共著)

2021年5月

ニュースレター

J-REIT(不動産投資法人)の公募増資におけるスケジュールの短縮化

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第67号(2021年5月)

糸川貴視

2020年12月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Real Estate 2021 Japan

洞口信一郎小山嘉信渡邉啓久(共著)