• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > 非友好的買収に関する実務動向

ここから本文です。

非友好的買収に関する実務動向

ニュースレター

著者等

岡野辰也

書籍名・掲載誌

NO&T Corporate Legal Update ~コーポレートニュースレター~ 第4号(2021年4月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

M&A/企業再編

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2019年頃から、いわゆる敵対的公開買付け等といった非友好的な買収と位置づけられるM&Aは顕著な増加傾向にあるように思われ、本年も年初から、日本製鉄株式会社による東京製綱株式会社に対する公開買付け等、対象者の賛同を事前に得ることなく開始される公開買付けが引き続き実施されており、その動向に関心が集まっている。

全文を読む(外部サイト、PDF:719KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Corporate Legal Updateのバックナンバー・配信登録

岡野辰也の最近の著書・論文

2021年5月

論文

みずほ信託プロダクツ法務研究会報告 公開買付けに関する信託の活用可能性(共著)

金融法務事情 2021年5月10日号(No.2161)

2021年2月

論文

実例から読み解く2021年実務の動向(2)M&A─非友好的買収を中心に・その2(共著)

旬刊商事法務 2021年2月15日号(No.2254)

2021年2月

論文

実例から読み解く2021年実務の動向(1)M&A─非友好的買収を中心に・その1(共著)

旬刊商事法務 2021年2月5日号(No.2253)

2020年1月

論文

公開買付け実務の新潮流 ―いわゆる敵対的公開買付けに関する一考察―(共著)

旬刊商事法務 2020年1月25日号(No.2220)

2016年10月

書籍

『公開買付けの理論と実務 第3版』(執筆担当)

商事法務

M&A/企業再編に関する最近の著書・論文

2021年7月

ニュースレター

株式交付に関する契約実務 ―実例を踏まえた実務上の検討ポイント―

NO&T Corporate Legal Update ~コーポレートニュースレター~ 第7号(2021年7月)

大沼真藤田和希(共著)

2021年7月

その他

点検・米競争促進令 産業界を網羅、日本企業にも影響

日本経済新聞電子版 2021年7月13日

大久保涼(コメント)

2021年5月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Public M&A 2021 Japan

粟谷翔平川雄士(共著)