• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > 企業による国家公務員への贈答・接待等のリスクと対応策

ここから本文です。

企業による国家公務員への贈答・接待等のリスクと対応策

ニュースレター

著者等

辺誠祐湯浅諭(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第48号(2021年4月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

危機管理・不祥事対応・コンプライアンス

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
昨今、総務省幹部をはじめとする国家公務員への企業による接待が、報道や国会等で大きく取り上げられ、問題視されています。一連の接待問題を受けた総務省は、2021年3月15日、情報通信分野を担当する課長級以上の職員ら144名を対象に、事業者との接待に関する事実関係の調査を実施する方針を明らかにし、翌16日には、通信・放送の政策判断が歪められたかどうかを検証することを目的として、外部有識者によって構成される「情報通信行政検証委員会」を設置しました。今後、他の省庁等で同様の問題が発覚するなどして、より広い範囲で企業による国家公務員への贈答・接待等について調査等が実施される可能性も否定できません。

全文を読む(外部サイト、PDF:867KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Compliance Legal Updateのバックナンバー・配信登録

辺誠祐の最近の著書・論文

2020年10月

その他

『新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書』(執筆担当)

2020年9月

論文

最新トピックをおさえる 危機管理・コンプライアンス実務講座 <第8回(最終回)> 海外子会社のコンプライアンス体制(共著)

月刊監査役 2020年10月号(No.714)

2019年8月

その他

「ハラスメント誤認」の危険性

日本経済新聞 2019年8月2日

2019年1月

ニュースレター

企業役員の調査・対応義務 ―注意すべき「不正の兆候」(共著)

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第28号(2019年1月)

2016年5月

論文

製品・食品の安全

『実務に効く 企業犯罪とコンプライアンス判例精選』(ジュリスト増刊 2016年5月号)第6章 秘密・情報、消費者、環境に係る罪

湯浅諭の最近の著書・論文

2020年10月

その他

『新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書』(執筆担当)

2020年8月

ニュースレター

FCPAリソースガイドのアップデート(共著)

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第43号(2020年8月)

2020年6月

論文

企業不祥事・企業犯罪をめぐる諸問題 <第6回> グループ・ガバナンス(共著)

金融法務事情 2020年6月25日号(No.2140)

2020年2月

論文

米国輸出規制と日本企業における対応実務(共著)

ビジネス法務 2020年4月号(Vol.20 No.4)

2020年1月

ニュースレター

米国司法省、輸出規制・経済制裁に違反した企業に対する執行方針をアップデート(共著)

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第37号(2020年1月)

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2021年4月

ニュースレター

外国公務員贈賄防止に関する近時の動向

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第50号(2021年4月)

眞武慶彦杉江裕太(共著)

2021年4月

ニュースレター

近時のサイバー攻撃及びリモートワークに伴う情報漏洩リスクへの対応

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第49号(2021年4月)

深水大輔丸田颯人(共著)

2021年4月

ニュースレター

米国子会社の実質的所有者情報の報告義務

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第55号(2021年4月)

塚本宏達加藤嘉孝(共著)