• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > 【インタビュー録】USクロスボーダーM&Aの最先端実務Webinar Season4 第1回「バイデン政権下におけるCFIUSエンフォースメント」

ここから本文です。

【インタビュー録】USクロスボーダーM&Aの最先端実務Webinar Season4 第1回「バイデン政権下におけるCFIUSエンフォースメント」

ニュースレター

著者等

大久保涼逵本麻佑子(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 特別号(2021年4月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

M&A/企業再編コーポレートガバナンス北米・中南米

詳細

全文を読む(外部サイト、PDF:938KB)pdf.gif

※オンデマンド配信セミナーの視聴、ニュースレター全文の閲覧・ダウンロードは、ポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

(ニュースレター本文はこちら)

注:このインタビュー録は、2021年2月17日にライブ配信にて行われた「USクロスボーダーM&Aの最先端実務Webinar Season 4 第1回『バイデン政権下におけるCFIUS エンフォースメント』」の中で行われた対談のサマリーを書き起こしたものです。従いまして、このインタビュー録の内容は2021年2月17日現在のものであり、また、あくまで一般論を述べているものとなりますので、個別の案件についての当事務所又はCovington&Burling法律事務所の法的助言を構成するものではないことにご留意ください。
なお、本Webinarはオンデマンドでも配信中です。オンデマンド配信セミナーはこちら(外部サイト)から視聴いただけます。

CFIUS under the Trump Administration - トランプ政権下でのCFIUS

[逵本] トランプ政権下でのCFIUSの運用はどのようなものでしたでしょうか?

Plotkin― トランプ政権下でのCFIUSの運営は、トランプ政権以前のCFIUSの運営と大きく異なるものでした。まず、これまではCFIUSは政治的な機関ではなく、米国の国家安全保障にフォーカスしていました。CFIUSの審査も、政治的利害ではなく国家安全保障上の懸念にフォーカスした、公平なものでした。他方、トランプ政権はCFIUSを政治的道具として利用し、アメリカファースト政策及び中国との貿易戦争に利用しました。中国が米国にとって、戦略的、軍事的及び政治的脅威であることについては政府・共和党・民主党でコンセンサスができていましたが、トランプ政権はこのコンセンサスを利用して、CFIUSの審査を非常に厳しいものに変えたのです。

<続きは上記の「全文を読む」からご覧ください。>

NO&T U.S. Law Updateのバックナンバー・配信登録

大久保涼の最近の著書・論文

2021年5月

論文

Chambers Global Practice Guides Acquisition Finance 2021 Japan - Law & Practice(共著)

2021年5月

その他

経済安保、知っておきたい3テーマ(コメント)

日経ヴェリタス 2021年5月23日号 9面

2021年4月

ニュースレター

SPACの概要とSPACを用いた日本企業による米国での上場の実務上の留意点(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第57号(2021年4月)

2021年3月

書籍

『日米実務の比較でわかる 米国アウトバウンドM&A法務の手引き』(編集代表・著者)

中央経済社

2021年2月

論文

米国連邦政府によるTikTok・WeChat規制に対する訴訟の概要(共著)

ビジネス法務 2021年4月号

逵本麻佑子の最近の著書・論文

2021年4月

ニュースレター

バージニア州消費者データ保護法の成立(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第56号(2021年4月)

2021年3月

書籍

『日米実務の比較でわかる 米国アウトバウンドM&A法務の手引き』(著者)

中央経済社

2020年12月

ニュースレター

コロナ下におけるMAE条項及びOperating Covenantに関するデラウェア州裁判所初の判断(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第52号(2020年12月)

2020年10月

ニュースレター

CFIUSに対する義務的届出要件の改正にかかる最終規則の発表(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第51号(2020年10月)

2020年6月

ニュースレター

CFIUSに対する義務的届出要件の改正(共著)

NO&T U.S. Law Update ~米国最新法律情報~ 第49号(2020年6月)

M&A/企業再編に関する最近の著書・論文

2021年5月

ニュースレター

株式交付制度と課税上の取扱いの概要

NO&T Tax Law Update ~税務ニュースレター~ 第3号(2021年5月)

堀内健司

2021年5月

ニュースレター

株式交付制度の概要と株式対価の公開買付けにおける活用可能性

NO&T Corporate Legal Update ~コーポレートニュースレター~ 第6号(2021年5月)

堀内健司

2021年5月

論文

みずほ信託プロダクツ法務研究会報告 公開買付けに関する信託の活用可能性

金融法務事情 2021年5月10日号(No.2161)

岡野辰也西村修一(共著)

コーポレートガバナンスに関する最近の著書・論文

2021年6月

論文

東証の新市場区分に向けたコーポレートガバナンスの高度化

Asian Legal Business Japan E-magazine June 2021

宮下優一

2021年6月

その他

マルハニチロの株主提案 ライバル会社へ刺客? 社外役員の「適性」に一石

日本経済新聞 2021年6月12日 朝刊12面「Ticker」

藤原総一郎(コメント)

2021年5月

その他

取引先の人権侵害 大丈夫か リスク調査、欧米で法制化 日本企業に出遅れ懸念

日本経済新聞 2021年5月31日 朝刊15面

福原あゆみ(コメント)

北米・中南米に関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

「ビジネスと人権」に関する最新動向―人権侵害に対する制裁のグローバルな法整備・近時の執行状況を中心として―

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第52号(2021年6月)

福原あゆみ

2021年6月

その他

米でAI規制強化、摘発事例も 利用企業に説明責任

日本経済新聞電子版 2021年6月9日「Nikkei Views」

殿村桂司(コメント)

2021年5月

その他

経済安保、知っておきたい3テーマ

日経ヴェリタス 2021年5月23日号 9面

大久保涼(コメント)