• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > 「特許法等の一部を改正する法律案」の概要

ここから本文です。

「特許法等の一部を改正する法律案」の概要

ニュースレター

著者等

東崎賢治中島慧安西信之助犬飼貴之(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T IP Law Update ~知的財産法ニュースレター~ 第2号(2021年5月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

知財関連取引

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
令和3年3月2日、「特許法等の一部を改正する法律案」(以下「本法律案」といいます。)が閣議決定され、国会に提出されました。本法律案は、新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、デジタル化、リモート・非接触など経済活動のあり方が大きく変化したことに対応すべく、特許法、意匠法、商標法等について改正を行うものです。本法律案の概要は、次の表のとおりです。本ニュースレターでは、このうち実務的に重要性が比較的高いと考えられる改正について解説いたします(現行法について述べている箇所を除き、条文は、本法律案による改正後の条文を参照しています。)。

全文を読む(外部サイト、PDF:943KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T IP Law Updateのバックナンバー・配信登録

東崎賢治の最近の著書・論文

2021年4月

論文

標準必須特許を巡るライセンス交渉・紛争に関する近時のデュッセルドルフ地方裁判所の決定とその示唆(下)(共著)

JCAジャーナル 2021年4月号(第68巻4号)

2021年3月

論文

標準必須特許を巡るライセンス交渉・紛争に関する近時のデュッセルドルフ地方裁判所の決定とその示唆(上)(共著)

JCAジャーナル 2021年3月号(第68巻3号)

2020年10月

論文

The International Comparative Legal Guide to: Copyright 2021 第9章「Japan」

2020年10月

論文

知的財産紛争実務の課題と展望(2)ベトナムにおける知的財産紛争解決の概要(翻訳)

JCAジャーナル 2020年10月号(第67巻10号)

2020年10月

論文

知的財産実務の最前線(第5回)査証制度の概要及び実務上の留意点について(共著)

NBL 2020年10月1日号(No.1179)

中島慧の最近の著書・論文

2020年3月

ニュースレター

特許法102条1項の解釈を示した知財高裁令和2年2月28日大合議判決の概要(速報)(共著)

NO&T IP Law Update ~知的財産法ニュースレター~ 第1号(2020年3月)

2016年12月

論文

CAFC(連邦巡回区控訴裁判所)最新判決ウォッチング 第204回(共著)

月刊ザ・ローヤーズ 2016年12月号

2013年8月

論文

判例研究(10) テレビCM原版の著作権の帰属 ―知財高判平成24年10月25日裁判所ウェブサイト(平成24年(ネ)第10008号)―(共著)

知財研フォーラム 2013 Summer (Vol.94)

2012年5月

論文

判例研究(7) パブリシティ権の法的性質と侵害の判断基準 ―ピンク・レディー事件最高裁判決(最判平成24年2月2日)―(共著)

知財研フォーラム 2012 Spring (Vol.89)

知財関連取引に関する最近の著書・論文

2021年5月

論文

Draft amendments to Vietnam IP law

Lexology ウェブサイト内

澤山啓伍ゴック・ホアン、チャン・フォン・マイ(パラリーガル)(共著)

2021年4月

論文

クリスチャンの視点で読み解く著作権制度・賛美歌と著作権Q&A(監修)

礼拝と音楽 No.189(2021 SPRING)

大武和夫

2020年11月

書籍

『ライセンス契約法 ――取引実務と法的理論の橋渡し』

有斐閣

松田俊治