• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > カーボンニュートラルの実現と改正地球温暖化対策推進法の成立

ここから本文です。

カーボンニュートラルの実現と改正地球温暖化対策推進法の成立

ニュースレター

著者等

渡邉啓久金井優典(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第10号(2021年6月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

環境法

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
2021年6月2日に、地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律(令和3年法律第54号。以下「令和3年改正法」という。)が公布された。近時、脱炭素、ESG投資、SDGs、カーボンフリー、グリーン社会といった言葉を耳にしない日はないと言っても過言ではないほど、カーボンニュートラルの実現に向けた官民の動きが活発化している。

全文を読む(外部サイト、PDF:766KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Updateのバックナンバー・配信登録

渡邉啓久の最近の著書・論文

2021年7月

ニュースレター

水素社会の実現に向けた我が国の政策的動向(共著)

NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第11号(2021年7月)

2021年5月

論文

The Legal 500: 4th Edition Construction Comparative Guide - Japan(共著)

The Legal 500 ウェブサイト内

2021年4月

論文

道路空間の新たな利活用に向けた道路法改正(下)~集約型の公共交通ターミナルの整備・運営に向けたコンセッション制度の概要(共著)

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.60(March-April 2021)

2020年12月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Real Estate 2021 Japan(共著)

2020年12月

論文

道路空間の新たな利活用に向けた道路法改正(上)~歩行者利便増進道路の指定制度について(共著)

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.58(November-December 2020)

環境法に関する最近の著書・論文

2021年7月

ニュースレター

水素社会の実現に向けた我が国の政策的動向

NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第11号(2021年7月)

三上二郎渡邉啓久宮城栄司(共著)

2021年7月

論文

Japan’s EPSF plots to build a financial system that supports sustainability

International Financial Law Review ウェブサイト内 International Briefings: Japan

小川美月

2021年3月

その他

タイ:タイにおけるSDGs関連法案・温暖化対策関連法案の現状

商事法務ポータル「アジア法務情報」

箕輪俊介