• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > 中小企業庁が定めた「中小企業再生支援協議会事業実施基本要領」に基づき策定された再生計画による債務免除に起因して第二次納税義務が課された事例(東京地方裁判所令和2年11月6日判決)

ここから本文です。

中小企業庁が定めた「中小企業再生支援協議会事業実施基本要領」に基づき策定された再生計画による債務免除に起因して第二次納税義務が課された事例(東京地方裁判所令和2年11月6日判決)

ニュースレター

著者等

宰田高志

書籍名・掲載誌

NO&T Tax Law Update ~税務ニュースレター~ 第4号(2021年8月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

税務アドバイス・プランニング税務争訟

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
経営困難になった会社の私的整理として、当該会社の経営者を含む当該会社の債権者による債務免除が行われることは、よくあることと思われます。その際に、経営者による債務免除に起因して整理対象の会社が当該経営者の租税債務を負担させられるようなことは、あまり念頭に置かれていないこともあるかもしれませんが、租税債務の滞納者による債務免除は、免除された債務の債務者が当該滞納者の滞納税額につき第二次納税義務を負う事由として規定されており(国税徴収法39条)、整理対象の会社は元々自ら負っている租税債務に加えて、債務免除した経営者の滞納税額も負担させられる可能性があります。そのような可能性が現実化した事案として、本稿では東京地方裁判所令和2年11月6日判決の事案を紹介いたします。

全文を読む(外部サイト、PDF:645KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Tax Law Updateのバックナンバー・配信登録

宰田高志の最近の著書・論文

2019年9月

書籍

『合併ハンドブック [第4版]』(執筆担当)

商事法務

2015年10月

書籍

『合併ハンドブック [第3版]』(執筆担当)

商事法務

2015年10月

書籍

『会社分割ハンドブック [第2版]』 (執筆担当)

商事法務

2015年4月

書籍

『株式交換・株式移転ハンドブック』(執筆担当)

商事法務

2014年3月

論文

税務訴訟における通達の用い方、争い方 通達規定を自らに有利に援用できるか、争うべきかを検討すべき

月刊ザ・ローヤーズ 2014年3月号

税務アドバイス・プランニングに関する最近の著書・論文

2021年10月

ニュースレター

富裕層向け海外生命保険スキームを考える

NO&T Tax Law Update ~税務ニュースレター~ 第6号(2021年10月)

平川雄士

2021年10月

論文

Chambers Global Practice Guides Alternative Funds 2021 Japan - Law & Practice

清水啓子吉村浩一郎(共著)

2021年10月

論文

7月に合意された「OECDデジタル課税・世界最低税率制度」の概要と日本企業への影響

月刊国際税務 2021年10月号(Vol.41 No.10)

南繁樹

税務争訟に関する最近の著書・論文

2021年10月

論文

7月に合意された「OECDデジタル課税・世界最低税率制度」の概要と日本企業への影響

月刊国際税務 2021年10月号(Vol.41 No.10)

南繁樹

2021年10月

ニュースレター

2回の吸収合併を経て実質休眠状態にあった会社の繰越欠損金を引き継いだことに対し、行為計算否認規定が適用された事例(国税不服審判所令和2年11月2日)

NO&T Tax Law Update ~税務ニュースレター~ 第5号(2021年10月)

堀内健司酒井亨(共著)

2021年10月

論文

混合配当事件最高裁判決(最判令和3年3月11日)の意義と射程―納税者訴訟代理人の視点から―

週刊 税務通信 No.3673(2021.10.04号)

平川雄士