• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2021年の著書・論文 > 社債権者集会の実務 ~2021年末LIBOR公表停止に備えた社債要項の見直し~

ここから本文です。

社債権者集会の実務 ~2021年末LIBOR公表停止に備えた社債要項の見直し~

ニュースレター

著者等

門田正行木村聡輔米田崇人(共著)

書籍名・掲載誌

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第73号(2021年8月)

出版社

長島・大野・常松法律事務所

業務分野

キャピタルマーケット

詳細

(ニュースレター本文はこちら)
LIBOR(London Interbank Offered Rate)の恒久的な公表停止が2021年12月末に迫っている中、LIBORを基準金利として参照する多くの金融商品について、LIBORに代わる代替参照レートの決定方法を予め定めておく条項(フォールバック条項)の導入等、実務的な対応が進んでいるところです。LIBORを基準金利として指定する変動利率を定めた社債についても同様であり、既に一定のフォールバック条項を規定した変動債の発行事例も見られるところです。これに対して、特に過去に発行された公募債の中には、フォールバック条項が設けられておらず、社債権者集会の決議による社債要項の変更を通じた手当を必要とするものが存在し得ますが、実務上、社債が発行されたとしても、償還までに社債権者集会が実施されることは極めて稀であり、ほとんどの社債の発行会社にとって、社債権者集会は独自に取り組むことが困難な手続といえます。

全文を読む(外部サイト、PDF:754KB)pdf.gif

※ニュースレター全文はポータルサイト「NO&T Legal Lounge」会員専用コンテンツになります。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

NO&T Finance Law Updateのバックナンバー・配信登録

門田正行の最近の著書・論文

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2017年3月

ニュースレター

平成29年金融商品取引法改正法案におけるフェア・ディスクロージャー・ルールの導入(共著)

NO&T Client Alert(2017年3月17日号)

2016年1月

書籍

『アドバンス 会社法』(執筆担当)

商事法務

2015年5月

論文

Getting the Deal Through - Securities Finance 2015 Japan(共著)

2014年5月

論文

Getting the Deal Through - Securities Finance 2014 Japan(共著)

木村聡輔の最近の著書・論文

2021年8月

ニュースレター

日本におけるSPAC上場の可能性と解禁に向けた検討(下)(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第72号(2021年8月)

2021年8月

ニュースレター

日本におけるSPAC上場の可能性と解禁に向けた検討(中)(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第71号(2021年8月)

2021年8月

ニュースレター

日本におけるSPAC上場の可能性と解禁に向けた検討(上)(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第70号(2021年8月)

2021年3月

論文

<2021年3月期>新型コロナウイルス感染拡大を受けた有価証券報告書及び事業報告の留意事項と事例分析(共著)

資料版/商事法務 2021年3月号(No.444)

2020年4月

ニュースレター

新型コロナウイルスの影響に関する上場会社の開示対応(速報・その2)(共著)

NO&T Client Alert(2020年4月30日号)

キャピタルマーケットに関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

社債への利息制限法の適用がはじめて否定された最高裁判例と実務への影響

ビジネス法務 2021年9月号(Vol.21 No.9)

月岡崇

2021年9月

ニュースレター

インドの上場規則の改正

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第102号(2021年9月)

山本匡

2021年8月

ニュースレター

日本におけるSPAC上場の可能性と解禁に向けた検討(下)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第72号(2021年8月)

木村聡輔斉藤元樹宮下優一(共著)