• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2005年の著書・論文 > The New Arbitration Law in Japan: Will it cause changes in Japanese Conciliatory Arbitration Practices?

ここから本文です。

The New Arbitration Law in Japan: Will it cause changes in Japanese Conciliatory Arbitration Practices?

論文

著者等

佐藤安信

書籍名・掲載誌

Journal of International Arbitration 2005年4月号(Vol. 22, No. 2)

出版社

Kluwer Law International

業務分野

国際仲裁

関連情報

佐藤安信の最近の著書・論文

2021年5月

インタビュー

「人権リスク」が日本企業の急所に(インタビュー)

選択 2021年5月号

2018年2月

対談・座談会録

継続可能なビジネス法務に求められる人権マインド ――ソフト・ローの罠にかからないために

NBL 2018年2月1日号(No.1115)

2017年2月

インタビュー

法の力で世界平和(インタビュー)

PRESIDENT 2017年3月6日号

2010年6月

論文

日系企業のベトナムへの直接投資における法的トラブル

JCAジャーナル 2010年6月号(第57巻6号)

2009年7月

論文

How to deal with corruption in transitional and developing economies: A Vietnamese Case Study

Journal of Financial Crime Volume 16 Issue 3 (July 2009) pp. 16-3

国際仲裁に関する最近の著書・論文

2021年8月

その他

CPTPP and ISDS: Three Years On

Wolters Kluwer ウェブサイト内「Kluwer Arbitration Blog」

青木大ウェイジャン・テオ(共著)

2021年7月

論文

ロシア連邦の仲裁制度改革―その成果と問題点(上)

JCAジャーナル 2021年7月号(第68巻7号)

小田博

2021年7月

その他

The Rise of Japan Arbitration: A Balance to the Common Law Forces of International Arbitration in Asia?

Wolters Kluwer ウェブサイト内「Kluwer Arbitration Blog」

ウェイジャン・テオ岩田裕介(共著)