• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2006年の著書・論文 > Development of Japanese Internal Control toward its Evaluation, Reporting and Audit (内部統制―評価、報告、監査に向けて)

ここから本文です。

Development of Japanese Internal Control toward its Evaluation, Reporting and Audit (内部統制―評価、報告、監査に向けて)

論文

著者等

大下慶太郎(共著)

書籍名・掲載誌

International Corporate Governance Review 2006 (Euromoney Yearbooks)

出版社

Euromoney Institutional Investor PLC

業務分野

コーポレートガバナンス

大下慶太郎の最近の著書・論文

2020年8月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Insurance & Reinsurance 2020 Japan

2019年7月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Insurance & Reinsurance 2019 Japan

2019年3月

論文

Getting the Deal Through - Insurance Litigation 2019 Japan

2018年3月

論文

Getting the Deal Through - Insurance Litigation 2018 Japan

2017年4月

論文

Getting the Deal Through - Insurance Litigation 2017 Japan

コーポレートガバナンスに関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

平時の上場親子会社間取引の公正性確保に向けたガバナンス対応〔上〕─東証一部上場子会社の実例を参考として─

旬刊商事法務 2021年9月15日号(No.2273)

粟谷翔髙見柊(共著)

2021年9月

書籍

『株主間契約・合弁契約の実務』

中央経済社

藤原総一郎(編著)
大久保圭大久保涼笠原康弘粟谷翔加藤嘉孝宇治佑星(共著)

2021年7月

ニュースレター

EUにおけるサプライチェーン等の強制労働のリスクに関するデュー・ディリジェンスガイダンスの発出

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第56号(2021年7月)

福原あゆみ