• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2006年の著書・論文 > Development of Japanese Internal Control toward its Evaluation, Reporting and Audit (内部統制―評価、報告、監査に向けて)

ここから本文です。

Development of Japanese Internal Control toward its Evaluation, Reporting and Audit (内部統制―評価、報告、監査に向けて)

論文

著者等

大下慶太郎(共著)

書籍名・掲載誌

International Corporate Governance Review 2006 (Euromoney Yearbooks)

出版社

Euromoney Institutional Investor PLC

業務分野

コーポレートガバナンス

大下慶太郎の最近の著書・論文

2020年8月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Insurance & Reinsurance 2020 Japan

2019年7月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Insurance & Reinsurance 2019 Japan

2019年3月

論文

Getting the Deal Through - Insurance Litigation 2019 Japan

2018年3月

論文

Getting the Deal Through - Insurance Litigation 2018 Japan

2017年4月

論文

Getting the Deal Through - Insurance Litigation 2017 Japan

コーポレートガバナンスに関する最近の著書・論文

2021年6月

論文

東証の新市場区分に向けたコーポレートガバナンスの高度化

Asian Legal Business Japan E-magazine June 2021

宮下優一

2021年6月

その他

マルハニチロの株主提案 ライバル会社へ刺客? 社外役員の「適性」に一石

日本経済新聞 2021年6月12日 朝刊12面「Ticker」

藤原総一郎(コメント)

2021年5月

その他

取引先の人権侵害 大丈夫か リスク調査、欧米で法制化 日本企業に出遅れ懸念

日本経済新聞 2021年5月31日 朝刊15面

福原あゆみ(コメント)