• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2006年の著書・論文 > 『コンメンタール民事訴訟法1、2(第2版)』

ここから本文です。

『コンメンタール民事訴訟法1、2(第2版)』

書籍

著者等

伊藤眞(共編著)

出版社

日本評論社

業務分野

民事・商事争訟

詳細

目次

『コンメンタール民事訴訟法1』
民事訴訟法概説
第1編 総則
 第1章 通則
 第2章 裁判所
  第1節 管轄
  第2節 裁判所職員の除斥及び忌避
 第3章 当事者
  第1節 当事者能力及び訴訟能力
  第2節 共同訴訟
  第3節 訴訟参加
  第4節 訴訟代理人及び補佐人

『コンメンタール民事訴訟法2』
第1編 総則
 第4章 訴訟費用
  第1節 訴訟費用の負担
  第2節 訴訟費用の担保
  第3節 訴訟上の救助
 第5章 訴訟手続
  第1節 訴訟の審理等
  第2節 専門委員等
  第3節 期日及び期間
  第4節 送達
  第5節 裁判
  第6節 訴訟手続の中断及び中止
 第6章 訴え提起前における証拠収集の処分等
 第7章 電子情報処理組織による申立て等

伊藤眞の最近の著書・論文

2021年7月

論文

不正等調査委員会報告書と文書提出義務 ―報告書の法的性質をめぐって―

金融法務事情 2021年7月10日号(No.2165)

2021年7月

その他

本書刊行に寄せて

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

2021年7月

論文

事業価値担保(事業成長担保)は事業再生を促進するか

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

2021年5月

その他

コロナ禍と訴訟運営――IT化と甦(よみがえ)る口頭主義

判例時報 2021年5月11日号(2474号)

2021年5月

書籍

『伊藤眞古稀後著作集 民事司法の地平に向かって』

商事法務

民事・商事争訟に関する最近の著書・論文

2021年6月

論文

消契法改正に向けて注目が集まる サルベージ条項をめぐる議論の最新動向と対応

ビジネス法務 2021年8月号(Vol.21 No.8)

須藤希祥

2021年6月

その他

Underwriters' liability for false statements made in IPO

International Law Officeオンラインニュースレター「White Collar Crime―Japan」

ジョン・レイン大野崇(共著)

2021年5月

その他

コロナ禍と訴訟運営――IT化と甦(よみがえ)る口頭主義

判例時報 2021年5月11日号(2474号)

伊藤眞