• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2006年の著書・論文 > 知財高裁大合議にみる積極的な司法の動き Japan's IP High Court: A Proactive Judiciary

ここから本文です。

知財高裁大合議にみる積極的な司法の動き Japan's IP High Court: A Proactive Judiciary

論文

著者等

小原淳見

書籍名・掲載誌

The Asialaw Japan Review 2006年7月号(Volume 2 Issue 1)

出版社

Asia Law & Practice

業務分野

知財争訟

詳細

論文を読む: 日本語 / English

小原淳見の最近の著書・論文

2021年5月

論文

Does a Right to a Physical Hearing Exist in International Arbitration? - National Reports 「Japan」(共著)

ICCA Projects

2020年6月

インタビュー

外野に反発し続け 国際仲裁の道へ(インタビュー)

日本経済新聞 2020年6月29日 朝刊21面

2020年6月

論文

Global Arbitration Review - The Asia-Pacific Arbitration Review 2021 Japan

2020年3月

インタビュー

紛争解決に国際仲裁活用、注意点は? 場所・仲裁人、戦略的選択を(インタビュー)

日経産業新聞 2020年3月13日

2019年6月

論文

Global Arbitration Review - The Asia-Pacific Arbitration Review 2020 Japan

知財争訟に関する最近の著書・論文

2021年5月

その他

中国:知的財産権侵害の民事事件の審理における懲罰的損害賠償の適用に関する解釈(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

川合正倫

2021年5月

ニュースレター

知的財産権侵害の民事事件の審理における懲罰的損害賠償の適用に関する解釈(中国)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第98号(2021年5月)

李紅

2021年4月

論文

標準必須特許を巡るライセンス交渉・紛争に関する近時のデュッセルドルフ地方裁判所の決定とその示唆(下)

JCAジャーナル 2021年4月号(第68巻4号)

東崎賢治羽鳥貴広(共著)