• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2007年の著書・論文 > 『信託の仕組み』

ここから本文です。

『信託の仕組み』

書籍

著者等

井上聡

出版社

日本経済新聞社(日経文庫)

目次

I 信託とは何か
 1 信託の基本的な仕組み
 2 信託のつくり方―新しい手法
II 信託財産―将来の「もしも」に備える仕組み
 1 受益権を買った後に委託者が倒産したら
 2 財産を託した受託者が倒産したら
 3 託した財産が減ってしまったら
 4 信託の仕組みを変える必要が生じたら
III 受託者の義務―安心して託すため、柔軟な取引設計のための仕組み
 1 何のために、受託者は義務を負うのか
 2 善管注意義務―きちんとやりなさい
 3 忠実義務―ズルせずにやりなさい
 4 分別管理義務―きちんと、ズルせずにやるために
 5 自己執行義務の廃止―ぜんぶ自分でやるのがよいことなのか 他
IV 信託の新しい可能性と課題
 1 新しい信託とその課題
 2 もう一度、信託とは何か
索引

業務分野

証券化・ストラクチャードファイナンス・信託

関連情報

井上聡の最近の著書・論文

2021年7月

対談・座談会録

座談会「事業担保をめぐる課題」(座談会)

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

2021年7月

論文

担保権者が把握するものと一般債権者に残すもの

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

2021年6月

書籍

『信託の80の難問に挑戦します!』(監修)

日本加除出版

2021年5月

論文

動産譲渡担保の対抗要件

月刊登記情報 2021年5月号(714号)

2021年3月

論文

流動する資産の担保化

金融法務事情 2021年3月10日号(No.2157)

証券化・ストラクチャードファイナンス・信託に関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

社債への利息制限法の適用がはじめて否定された最高裁判例と実務への影響

ビジネス法務 2021年9月号(Vol.21 No.9)

月岡崇

2021年7月

論文

担保権者が把握するものと一般債権者に残すもの

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

井上聡

2021年7月

対談・座談会録

座談会「事業担保をめぐる課題」

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

井上聡(座談会)