• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2011年の著書・論文 > Getting the Deal Through - Securities Finance 2011 Japan

ここから本文です。

Getting the Deal Through - Securities Finance 2011 Japan

論文

著者等

門田正行新木伸一(共著)

出版社

Law Business Research Ltd

業務分野

キャピタルマーケット

詳細

論文を読む(PDF:492KB)

Reproduced with permission from Law Business Research. This article was first published in Getting the Deal Through - Securities Finance 2011, (published in May 2011; contributing editor: Mark Greene of Cravath Swaine & Moore LLP). For further information please visit www.GettingTheDealThrough.com.

門田正行の最近の著書・論文

2019年8月

書籍

『アドバンス 金融商品取引法 第3版』

商事法務

2017年3月

ニュースレター

平成29年金融商品取引法改正法案におけるフェア・ディスクロージャー・ルールの導入(共著)

NO&T Client Alert(2017年3月17日号)

2016年1月

書籍

『アドバンス 会社法』(執筆担当)

商事法務

2015年5月

論文

Getting the Deal Through - Securities Finance 2015 Japan(共著)

2014年5月

論文

Getting the Deal Through - Securities Finance 2014 Japan(共著)

新木伸一の最近の著書・論文

2020年4月

論文

コシダカによる本邦初の適格株式分配を利用したスピンオフ上場の解説(共著)

旬刊商事法務 2020年4月5日号(No.2227)

2020年4月

ニュースレター

ブロックチェーン技術を利用した初の会社法上の社債(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第54号(2020年4月)

2020年3月

ニュースレター

新型コロナウイルスの影響に関する上場会社の開示対応(速報)(共著)

NO&T Client Alert(2020年3月10日号)

2019年10月

ニュースレター

本邦初の子会社株式の現物配当によるスピンオフ上場案件(共著)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第49号(2019年10月)

2019年9月

論文

取締役の報酬決定方式をめぐる近時の動向 ――代表取締役への「再一任」を中心に(共著)

ビジネス法務 2019年11月号(Vol.19 No.11)

キャピタルマーケットに関する最近の著書・論文

2020年4月

論文

コシダカによる本邦初の適格株式分配を利用したスピンオフ上場の解説

旬刊商事法務 2020年4月5日号(No.2227)

新木伸一水越恭平石井裕樹(共著)

2020年4月

ニュースレター

ブロックチェーン技術を利用した初の会社法上の社債

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第54号(2020年4月)

新木伸一水野大佐々木修石井裕樹小味真人御手洗伸(共著)

2020年3月

ニュースレター

東証の新市場区分の概要と実務上の留意点 ~「市場第一部」等は廃止され、新市場区分へ移行準備が必要に~

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第53号(2020年3月)

木村聡輔水越恭平(共著)