• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2011年の著書・論文 > 『国際租税法 第2版』

ここから本文です。

『国際租税法 第2版』

書籍

著者等

宮崎裕子(共著)

出版社

東京大学出版会

業務分野

税務アドバイス・プランニング

詳細

目次

第1章 国際租税法への招待
第2章 租税条約
第3章 国内源泉所得
第4章 投資所得に対する源泉徴収
第5章 事業所得に関する申告納付
第6章 事例演習1―外国企業による対日進出
第7章 国際的二重課税の排除
第8章 課税権の確保
第9章 事例演習2―曖昧な境界線がもたらす課税問題
第10章 次のステップへ―国際的企業再編の課税問題

税務アドバイス・プランニングに関する最近の著書・論文

2021年6月

その他

法人税率「15%下限」、東南アジアの日系企業に影響も

日本経済新聞電子版 2021年6月7日

南繁樹(コメント)

2021年6月

その他

無形資産への課税 警戒を

日本経済新聞 2021年6月7日 朝刊17面「税トーク」

南繁樹(コメント)

2021年5月

論文

Chambers Global Practice Guides Tax Controversy 2021 Japan - Trends & Developments

平川雄士