• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2011年の著書・論文 > 日本版カバードボンドの展開と課題―立法的な解決の必要性

ここから本文です。

日本版カバードボンドの展開と課題―立法的な解決の必要性

論文

著者等

井上聡月岡崇(共著)

書籍名・掲載誌

金融法務事情 2011年12月10日号(No.1935)

出版社

金融財政事情研究会

業務分野

証券化・ストラクチャードファイナンス・信託

関連情報

井上聡の最近の著書・論文

2021年7月

対談・座談会録

座談会「事業担保をめぐる課題」(座談会)

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

2021年7月

論文

担保権者が把握するものと一般債権者に残すもの

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

2021年6月

書籍

『信託の80の難問に挑戦します!』(監修)

日本加除出版

2021年5月

論文

動産譲渡担保の対抗要件

月刊登記情報 2021年5月号(714号)

2021年3月

論文

流動する資産の担保化

金融法務事情 2021年3月10日号(No.2157)

月岡崇の最近の著書・論文

2021年9月

論文

社債への利息制限法の適用がはじめて否定された最高裁判例と実務への影響

ビジネス法務 2021年9月号(Vol.21 No.9)

2021年3月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Structured Finance & Securitisation 2021 Japan(共著)

2021年2月

ニュースレター

社債への利息制限法の適用が否定された事例(最高裁令和3年1月26日判決)

NO&T Finance Law Update ~金融かわら版~ 第61号(2021年2月)

2020年12月

書籍

『証券化ハンドブック』(共著)

流動化・証券化協議会

2020年10月

論文

Lexology Getting the Deal Through - Islamic Finance & Markets 2021 Japan

証券化・ストラクチャードファイナンス・信託に関する最近の著書・論文

2021年9月

論文

社債への利息制限法の適用がはじめて否定された最高裁判例と実務への影響

ビジネス法務 2021年9月号(Vol.21 No.9)

月岡崇

2021年7月

論文

担保権者が把握するものと一般債権者に残すもの

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

井上聡

2021年7月

対談・座談会録

座談会「事業担保をめぐる課題」

別冊NBL No.178『担保法と倒産・金融の実務と理論――担保法の検討課題』

井上聡(座談会)