• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2012年の著書・論文 > 国際仲裁のよりよい活用を目指して ―仲裁地としての「日本」のポテンシャルとその活性化も見据えて 第2回 国際仲裁の賢い活用法(上)

ここから本文です。

国際仲裁のよりよい活用を目指して ―仲裁地としての「日本」のポテンシャルとその活性化も見据えて 第2回 国際仲裁の賢い活用法(上)

論文

著者等

小原淳見

書籍名・掲載誌

NBL 2012年5月1日号(No.976)

出版社

商事法務

業務分野

国際仲裁

関連情報

小原淳見の最近の著書・論文

2021年5月

論文

Does a Right to a Physical Hearing Exist in International Arbitration? - National Reports 「Japan」(共著)

ICCA Projects

2020年6月

インタビュー

外野に反発し続け 国際仲裁の道へ(インタビュー)

日本経済新聞 2020年6月29日 朝刊21面

2020年6月

論文

Global Arbitration Review - The Asia-Pacific Arbitration Review 2021 Japan

2020年3月

インタビュー

紛争解決に国際仲裁活用、注意点は? 場所・仲裁人、戦略的選択を(インタビュー)

日経産業新聞 2020年3月13日

2019年6月

論文

Global Arbitration Review - The Asia-Pacific Arbitration Review 2020 Japan

国際仲裁に関する最近の著書・論文

2021年6月

その他

シンガポール:シンガポール国際仲裁の最新動向 2021(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

青木大

2021年5月

論文

Global Arbitration Review - The Guide to Challenging and Enforcing Arbitration Awards - Second Edition Part II (Challenging and Enforcing Arbitration Awards: Jurisdictional Know-How) Chapter 29 Japan

青木大大野崇(共著)

2021年5月

論文

Does a Right to a Physical Hearing Exist in International Arbitration? - National Reports 「Japan」

ICCA Projects

小原淳見梅澤舞エンニャー・シュー(共著)