• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 著書・論文 > 2013年の著書・論文 > 『日本最悪のシナリオ 9つの死角』

ここから本文です。

『日本最悪のシナリオ 9つの死角』

書籍

著者等

日本再建イニシアティブ(著)
塩崎彰久(分担執筆)

出版社

新潮社

業務分野

危機管理・不祥事対応・コンプライアンス

詳細

目次

はじめに

第1部 最悪のシナリオ
1 尖閣衝突―尖閣を巡る攻防がもたらす意外な結末
2 国債暴落―日本が抱えた"茹でガエル"リスク
3 首都直下地震―amazon型社会の崩落
4 サイバーテロ―攻撃目標は都市インフラ
5 パンデミック―医者が消えた日
6 エネルギー危機―ホルムズ海峡封鎖から始まる見えない危機の連鎖
7 北朝鮮崩壊―揺れる非核三原則、決断を強いられる日本
8 核テロ―3・11の教訓とは何か
9 人口衰弱―二〇五〇年、若者がテロリストになる日

第2部 シナリオからの教訓
1 法制度
2 官民協調
3 対外戦略
4 官邸
5 コミュニケーション

おわりに

塩崎彰久の最近の著書・論文

2021年2月

その他

新型コロナ・原発事故で政府の対応を民間が「検証」。弁護士はどう関わったのか。

ハフポスト日本版

2021年2月

インタビュー

新型コロナ、日本政府の危機対応は「結果オーライ」。第3波への警鐘鳴らした弁護士の思い(インタビュー)

ハフポスト日本版

2021年2月

書籍

『サイバーセキュリティ法務』(共編著)

商事法務

2020年10月

その他

「次はもう効かない…」民間臨調が迫った新型コロナ「日本モデル」の功罪

PRESIDENT Onlineウェブサイト内

2020年10月

その他

『新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書』(執筆担当)

危機管理・不祥事対応・コンプライアンスに関する最近の著書・論文

2021年6月

ニュースレター

「ビジネスと人権」に関する最新動向―人権侵害に対する制裁のグローバルな法整備・近時の執行状況を中心として―

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第52号(2021年6月)

福原あゆみ

2021年6月

ニュースレター

サイバーセキュリティリスク対応の留意点と近時の国内外の法改正等の影響(1)

NO&T Data Protection Legal Update ~個人情報保護・データプライバシーニュースレター~ 第6号(2021年6月)

工藤靖

2021年6月

ニュースレター

対ミャンマー経済制裁と日本企業の対応

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第51号(2021年6月)

眞武慶彦湯浅諭(共著)