• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ここから本文です。

顧問

原壽Hisashi Hara

原壽

弁護士登録

第一東京弁護士会:1975年登録(27期)

言語

日本語、英語

連絡先

この弁護士に問い合わせる

電話番号 : 03-6889-7112(東京)
ファックス : 03-6889-8112(東京)

主な取扱分野

M&A/企業再編不動産取引J-REIT国際仲裁一般企業法務コーポレートガバナンス危機管理・不祥事対応・コンプライアンスバンキングアジアシンガポールインドネシアタイベトナム

プロフィール

1972年東京大学法学部卒業。1975年長島・大野法律事務所(現 長島・大野・常松法律事務所)入所。1980年Harvard Law SchoolにてLL.M.取得。その後1980年~1981年米国ワシントンD.C.のArnold & Porter法律事務所に勤務。1983年長島・大野法律事務所パートナー弁護士となり、2000年長島・大野・常松法律事務所マネージング・パートナー弁護士となる。その後2006年~2012年同事務所代表弁護士。2013年~2017年同事務所アジア総代表。2018年より同事務所顧問。

不動産関連投資・融資、国際的企業買収・合併・合弁、その他、国際取引法一般を取扱分野としている。

JPモルガン証券株式会社 監査役(2008年3月~2015年12月)。中外製薬株式会社 監査役(2012年3月~現在)。日本ペイントホールディングス株式会社 独立社外取締役(2018年3月~現在)。IPBA Jurisdictional Council Member(2003年5月~2009年5月)、日本協会会長(2009年1月~2013年1月)。上智大学法科大学院外部評価委員(2004年4月~2019年3月)。日米法学会評議員(2004年9月~2019年9月)。経済同友会会員(2003年10月~2012年12月)。社団法人日本仲裁人協会理事(2005年10月~2011年3月)。アジア国際法学会(ASIL)代表世話人(2007年2月~2009年8月)。東京大学基金運営委員会(2007年7月~2009年3月)。東京大学経営協議会理事(2006年4月~2008年3月)。

2011年 Chambers PartnersよりChambers Asia-Pacific Lifetime Achievement Award受賞。

学歴・職歴

1972年

東京大学法学部卒業

1975年

長島・大野法律事務所(現 長島・大野・常松法律事務所)入所

1980年

Harvard Law School卒業(LL.M.)

1980年~1981年

Arnold & Porter LLP(Washington, D.C.)勤務

1983年~2012年

長島・大野法律事務所(現 長島・大野・常松法律事務所)パートナー

2013年~2017年

長島・大野・常松法律事務所アジア総代表(シンガポール・オフィス(Nagashima Ohno & Tsunematsu Singapore LLP)勤務)

2018年~

長島・大野・常松法律事務所顧問

講演・セミナー

2018年5月28日

NO&Tセミナー

ADVANCE企業法セミナー ~企業法務のフロンティアを拓く~
2018年度 第2回 海外進出支援セミナー「アジア法務の現在 ~多様な変貌を遂げるアジア各国と求められる法務対応」

2013年4月18日

外部セミナー

Hear from the Managing Partners:
Key trends or challenges in the Asia-Pacific (AP) legal market

2010年12月9日

外部セミナー

Who knows what the Future Holds? Risk and In-House Counsel

2009年12月3日

外部セミナー

パネルディスカッション 「Fighting the dollar deficit: active ways that in-house counsel can reduce costs and pro-actively add value」

2008年12月11日

外部セミナー

Managing the In-House Team to Get the Best Out of External Counsel

2006年3月16日

外部セミナー

Challenges in improving corporate governance(原弁護士)
New company law of Japan and its possible impactsKey M&A trends in Asia-Pacific(三笘弁護士)

2005年10月22日

外部セミナー

M&A取引について

著書・論文

2012年12月

インタビュー

トップ自らシンガポール事務所に常駐、アジアでの態勢確立の決意を披瀝(インタビュー)

月刊ザ・ローヤーズ 2012年12月号

2012年12月

対談・座談会録

逆風に立ち向かうビジネス弁護士(上)(中)(下) ―経済危機と大震災克服の課題(パネリスト)

NBL 2012年11月1日号(No.988)、11月15日号(No.989) 、12月1日号(No.990)

2011年11月

書籍

『日本のローファームの誕生と発展』(共著)

商事法務

2009年6月

論文

国際法にアジアの視点を アジアの弁護士と研究者の協働と挑戦

自由と正義 2009年6月号(Vol.60 No.6)

2009年3月

インタビュー

高い個人能力と一体感を持った組織力が「最高レベル」のサービスを生み出す(インタビュー)

Business Law Journal 2009年5月号(No.14) INTERVIEW

2009年3月

講演録

日本における企業法務中心の法律事務所の発展と弁護士の役割の変化(パネリスト)

NBL 2009年3月1日号(No.900)

2008年8月

インタビュー

仕事の雨と収益の雨、その両方を事務所に万遍なく降らすのがレインメーカー(インタビュー)

月刊ザ・ローヤーズ 2008年8月号

2008年1月

インタビュー

Style of Work 事務所探訪(インタビュー)

Lawyer's Magazine 2008年1月1日

2007年10月

対談・座談会録

座談会「アジア国際法学会の設立と今後の展望」(座談会)

法律時報 2007年11月号(989号)

2007年6月

インタビュー

日本の法律事務所で働く外国法事務弁護士はどのような役割を果たしているか(インタビュー)

月刊ザ・ローヤーズ 2007年6月号

2006年10月

その他

カバーストーリー

月刊ザ・ローヤーズ 2006年10月号

2006年4月

対談・座談会録

ローヤーズ対談(対談)

月刊ザ・ローヤーズ 2006年4月号

2006年3月

インタビュー

Law Firm Interview 経営者のニーズに応える最高品質のソリューションを提供する(インタビュー)

Lexis企業法務 2006年3月号(No.3)

2005年10月

インタビュー

法律事務所のクオリティ・コントロールはいかにあるべきか(インタビュー)

月刊ザ・ローヤーズ 2005年10月号

2004年7月

その他

カバーストーリー

月刊ザ・ローヤーズ 2004年7月号(創刊号)

1986年4月

論文

企業活動・商取引の国際化

ジュリスト 1986年4月1日号 No.857<br />特集「これからの企業法務」

1983年9月

論文

プラント輸出契約

『現代契約法大系(8) 国際取引契約1』

トピックス

2019年4月4日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2020において高い評価を得ました。

2018年4月6日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2019で高い評価を得ました。

2017年3月3日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2018で高い評価を得ました。

2016年2月29日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2017で高い評価を得ました。

2015年5月28日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2016で高い評価を得ました。

2015年3月17日

受賞等

Chambers Global 2015において高い評価を得ました。

2014年10月17日

受賞等

The Best Lawyers in Japan(5th edition)で高い評価を得ました。

2014年3月17日

受賞等

Chambers Global 2014において高い評価を得ました。

2013年4月17日

受賞等

Best Lawyers 2013において高い評価を得ました。

2013年3月15日

受賞等

Chambers Global 2013において高い評価を得ました。