• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ここから本文です。

パートナー

梅野晴一郎Seiichiro Umeno

梅野晴一郎

弁護士登録

第二東京弁護士会:1989年登録(41期)

言語

日本語、英語

連絡先

この弁護士に問い合わせる

電話番号 : 03-6889-7158
ファックス : 03-6889-8158

主な取扱分野

M&A/企業再編民事・商事争訟コーポレートガバナンス危機管理・不祥事対応・コンプライアンス事業再生・倒産一般企業法務

プロフィール

長島・大野・常松法律事務所パートナー。1985年早稲田大学政治経済学部卒業。1994年University of Pennsylvania Law SchoolにてLL.M.取得。2005年から2008年まで司法研修所教官(民事弁護)。第二東京弁護士会所属。

企業買収、株主総会指導をはじめとする企業法務全般を取り扱っている。また、訴訟、仮処分等の紛争解決案件にも多く携わっている。とりわけ、敵対的買収に対する防衛案件や企業買収を巡る紛争案件に強みを有する。

学歴・職歴

1985年

早稲田大学政治経済学部卒業

1994年

University of Pennsylvania Law School卒業(LL.M.)

2005年~2008年

司法研修所教官(民事弁護)

2007年~

長島・大野・常松法律事務所パートナー

2007年~

経済産業省契約評価監視委員会委員

2009年~2010年、2016年~

第二東京弁護士会常議員

2012年~2015年

第二東京弁護士会司法制度調査会委員長

2012年~2015年

司法試験考査委員、司法試験予備試験考査委員(いずれも商法担当)

2013年~2015年

日本弁護士連合会司法制度調査会副委員長

2016年~

株式会社オークネット社外取締役

2016年~

日本弁護士連合会司法制度調査会・商事経済部会長

2017年~

法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会幹事

講演・セミナー

2018年12月11日

NO&Tセミナー

ADVANCE 企業法セミナー ~企業法務のフロンティアを拓く~
2018年度 第9回 会社法セミナー「答申直前!会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案」

2017年2月20日

NO&Tセミナー

NO&T ADVANCE 企業法セミナー ~企業法務のフロンティアを拓く~
2016年度 第11回 定時株主総会セミナー「最近の事例を踏まえた対話型総会と対立型総会」

著書・論文

2005年5月

論文

ニッポン放送新株予約権発行差止仮処分決定と敵対的買収の防衛策

M&A Review (Vol.19, No.3 通巻184号)

2005年2月

論文

敵対的TOBに対する意見表明の実務

旬刊経理情報 2005年2月1日号

2004年8月

書籍

『新破産法のすべて』(共著)

中央経済社

2002年9月

書籍

『連結計算書類の導入と株式関係・その他の改正』(共著)

中央経済社

2002年1月

書籍

『ストックオプション拡充と改正法による新株発行実務』(共著)

中央経済社

2001年9月

書籍

『単元株創設と株式・株券の法律実務』(共著)

中央経済社

トピックス

2019年4月4日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2020において高い評価を得ました。

2018年4月6日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2019で高い評価を得ました。

2017年3月3日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2018で高い評価を得ました。

2016年2月29日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2017で高い評価を得ました。

2015年5月28日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2016で高い評価を得ました。

2014年10月17日

受賞等

The Best Lawyers in Japan(5th edition)で高い評価を得ました。

2013年4月17日

受賞等

Best Lawyers 2013において高い評価を得ました。

2012年3月28日

受賞等

Best Lawyers 2012において高い評価を得ました。

2012年3月26日

受賞等

Chambers Global 2012において高い評価を得ました。

2012年2月24日

受賞等

Chambers Asia-Pacific 2012において高い評価を得ました。