• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 講演・セミナー > 2016年の講演・セミナー > Farella Braun + Martel LLP IP Roundtable

ここから本文です。

Farella Braun + Martel LLP IP Roundtable
A Global Look at the Liability and Defenses of Social Media Sites and Other Network Services

外部セミナー

日時

2016年11月15日(火曜日)  / 12時00分 - 13時30分

会場

Farella Braun + Martel LLP(サンフランシスコ)

スピーカー

東崎賢治

主催

Farella Braun + Martel LLP

業務分野

知財関連取引IT・テレコム北米・中南米欧州

キーワード

EU

東崎賢治の最近の講演・セミナー

2019年9月20日

NO&Tセミナー

「国境をまたぐイノベーションと法」 "Transboundary Innovation and Law"

2019年6月13日

NO&Tセミナー

米国特許実務セミナー
"US Patent Litigation - What's Hot and What's Not"

2018年11月27日

外部セミナー

「用法・用量に特徴のある医薬特許やいわゆる併用特許の技術的範囲の解釈その他医薬分野における知的財産法関連の諸問題」

2018年10月30日

NO&Tセミナー

ADVANCE企業法セミナー ~企業法務のフロンティアを拓く~
2018年度 第7回 知的財産法セミナー「AI・IoT時代に向けた知的財産法改正」

2018年3月23日

外部セミナー

「医療研究開発における治験・臨床研究のデータ利用に関する調査研究」

EUに関する最近の講演・セミナー

2019年11月6日

外部セミナー

「競争法セミナー」

服部薫

2019年6月24日

外部セミナー

租税条約濫用防止措置としての主要目的テスト

吉村浩一郎

2018年12月1日

外部セミナー

タカタのグローバルリストラクチャリング
~日本、米国、欧州、アジアの全世界にまたがったリストラクチャリングの手続間調整と対応の実際~

小林信明大川友宏

知財関連取引に関する最近の講演・セミナー

2021年2月26日

外部セミナー

国際技術援助契約書作成上のチェック・ポイント

松田俊治

2020年7月16日

外部セミナー

インターネット社会における二次創作等を巡る最新の法律問題(東京会場)

松田俊治

2019年12月12日

外部セミナー

国際技術援助契約書作成上のチェック・ポイント

松田俊治

IT・テレコムに関する最近の講演・セミナー

2021年10月20日

外部セミナー

〜2022年4月1日に施行が迫る〜改正個人情報保護法の実務対応ポイント

殿村桂司

2021年8月19日

外部セミナー

オンライン紛争解決「ODR」とCtoC領域での活用に関する勉強会 ~日本初となるODR正式運用開始事例の解説、先行する欧米の最新動向など~

森大樹

2021年7月27日

外部セミナー

アルゴリズム/AIと競争法講座

小川聖史

北米・中南米に関する最近の講演・セミナー

2021年4月27日

NO&Tセミナー

【オンデマンド配信中】第3回 米国における株式譲渡契約の最新契約実務

大久保涼佐藤恭平

2021年3月19日

NO&Tセミナー

【オンデマンド配信中】第2回 バイデン政権下における企業結合法制エンフォースメント

山田弘大久保涼井本吉俊

2021年3月5日

NO&Tセミナー

ADVANCE企業法セミナー ~企業法務のフロンティアを拓く~
クロスボーダー紛争解決セミナー「コロナや米中対立の激動の中、日本企業は世界でどう戦うか」

塚本宏達若江悠青木大

欧州に関する最近の講演・セミナー

2021年7月14日

NO&Tセミナー

【オンデマンド配信中】コロナ禍のドイツにおけるM&Aの最新動向

大川友宏大沼真アクセル・クールマン

2020年7月3日

NO&Tセミナー

ADVANCE 企業法セミナー ~企業法務のフロンティアを拓く~
コーポレート・M&Aセミナー「日米欧の外資規制強化の潮流(欧州編)EUにおける近時の立法動向とドイツにおける外資規制の最新改正」

アクセル・クールマン大沼真

2020年6月27日

外部セミナー

欧州競争法のエンフォースメントにおける暫定措置(interim measures)の再検討 ―2019年10月のBroadcomに対する暫定措置を契機として―

小川聖史