• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > トピックス > 2012年のトピックス > シンガポール・オフィス開設のお知らせ

ここから本文です。

2012年10月1日

シンガポール・オフィス開設のお知らせ

お知らせ

長島・大野・常松法律事務所(東京都千代田区)(以下、「当事務所」といいます。)は、2013年1月を目処にシンガポール・オフィスを開設することになりましたのでお知らせいたします。

当事務所は、近年の日本企業によるアジア進出の急速化に伴い、東京オフィス内での「アジアプラクティスグループ」の組成、現地の有力法律事務所との提携及び協力関係の緊密化、アジア主要都市(北京、上海、成都、バンコク、ハノイ、ホーチミン、ジャカルタ、ヤンゴン、ムンバイ、デリー)への弁護士派遣による拠点確保など、中国、東南アジア諸国、インドその他の地域における進出支援業務の体制整備に重点的に取り組んでまいりましたが、今般、更なる体制強化を目的として、地理的にもアジア太平洋地域の中心に位置し、また「アジアのハブ」として発展を続けるシンガポールにオフィスを設けることといたしました。

シンガポール・オフィスは、シンガポールにおける業務を行うのみならず、当事務所の弁護士が駐在する周辺諸国の拠点ネットワークの統括機能も備えることとなり、その業務内容は、アジア各国における日常的な契約案件に加え、クロスボーダーM&A、現地法人や合弁会社の設立、不動産プロジェクト、エネルギー・インフラプロジェクト、国際仲裁を含む紛争処理、ファイナンス、労働問題など、多岐にわたります。同オフィスは、当事務所のアジアプラクティスの現地の中心拠点として、周辺諸国の弁護士と密接に連絡を取りながら、更に東京オフィス内の「アジアプラクティスグループ」とも有機的に連携することで、より各国現地に精通した、且つ依頼者の皆様に最適にカスタマイズされたリーガルサービスを迅速に提供してまいります。

シンガポール・オフィスには、当事務所の代表を務めております原壽弁護士が常駐するほか、数名の弁護士が執務する予定です。

以上

本件に関する問い合わせ先
長島・大野・常松法律事務所 広報担当
03-3288-7366(直通)
お問い合せフォーム