• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > トピックス > 2010年のトピックス > 長島・大野・常松法律事務所がニューヨーク・オフィスを開設

ここから本文です。

2010年8月4日

長島・大野・常松法律事務所がニューヨーク・オフィスを開設

お知らせ

長島・大野・常松法律事務所(東京都千代田区)(以下、「当事務所」と言います。)は、本年9月1日付けでニューヨーク・オフィスを開設することになりましたのでお知らせします。

当事務所は2000年1月1日に設立され、現在約340名の弁護士(外国弁護士含む。)が所属する我が国有数の規模の総合法律事務所です。当事務所は、国際業務を重要な業務分野の一つとして位置づけており、内外の企業、政府機関等に対して国際取引に関する様々な助言を行って参りました。近年は、活発化している日本企業の海外進出に関する支援業務に特に力を入れています。

当事務所は、2007年5月、米国における紛争対応や日米間の国際取引について効率的な助言を行うことを目的に、桝田淳二弁護士が主宰しニューヨークを本拠とするMasuda International(桝田国際法律事務所)と提携し、2008年1月には当事務所のパートナー弁護士であった渡邉泰秀弁護士をMasuda Internationalに派遣しました。今般、2年以上に亘る提携の実績を踏まえ、Masuda Internationalを母体として、当事務所のニューヨーク・オフィスを新たに開設することにした次第です。桝田淳二弁護士は、本年9月1日をもって当事務所の特別顧問(オフ・カウンセル)に就任すると同時に、渡邉泰秀弁護士とともにニューヨーク・オフィスの事業主体であるNagashima Ohno & Tsunematsu NY LLPのパートナーに就任いたします。

ニューヨーク・オフィスは、ニューヨーク市ミッドタウンのカーネーギーホールに隣接するオフィスタワーに位置し、在米20年以上に及ぶ桝田弁護士が培った全米に亘る米国弁護士のネットワークを利用することが可能です。当事務所は、ニューヨーク・オフィスを有する我が国唯一の大手法律事務所として、米国の法務事情について精緻な情報収集を行いつつ、米国やその周辺地域で法律問題に直面する日本企業に対して、現地においてもより良質且つ効率的なサービスを提供していく予定です。

ニューヨーク・オフィスの住所及び執務弁護士の略歴

Nagashima Ohno & Tsunematsu NY LLP
Carnegie Hall Tower
152 West 57th Street, 37th Floor
New York, New York 10019-3310, U.S.A.
Telephone: +1-212-258-3333
Facsimile: +1-212-957-3939

桝田淳二

1966年東京大学法学部卒業。1968年弁護士登録。1971年Columbia Law School卒業(LL.M.)。
1991年New York州Legal Consultant登録。1995年New York州弁護士登録。

渡邉泰秀

1981年東京大学法学部卒業。1986年弁護士登録。1991年Columbia Law School卒業(LL.M.)。1992年New York州及びCalifornia州弁護士登録。

井本吉俊

2001年東京大学法学部卒業。2002年弁護士登録。2008年Harvard Law School卒業(LL.M.)。
2009年New York州弁護士登録。

眞武慶彦

2003年東京大学法学部卒業。2004年弁護士登録。2010年Columbia Law School卒業(LL.M.)。

以上

本件に関する問い合わせ先

広報
03-3288-7366(直通)
お問い合せフォーム